四 季 の 小 路
 
大谷搏光(札幌市/道)
 砂中より欠けしビー玉雁供養
 きのふまでただの裏庭蕗の薹
 予備校に自転車あふれ夏休み
 明日潰す鶏ダリア真盛り
 宣教の人の姿が網戸越し
   
大谷米子(黒松内町/アカシヤ・さるるん)
 日の盛り大判シーツの糊硬し
 臥す夫につづりし文や神無月
 青空にこれ見よと咲くさくら花
 父と子の新春談議夢多し
 綿虫のふはりふはりと宙にかな
   
大玉文子(新十津川町/阿夫利嶺)
 還暦の子に飾りやる雛人形
 千島桜少し遅れて濃きいろに
 吾亦紅杖つき逢ひに来ると云ふ
 逢へば足る語ひ尽きず沙羅の花
 水無月や父の遠忌を只ひとり
   
大塚信太(旭川市/玉藻)
 もはや喜雨こへて豪雨となりにけり
 キヤラメルもぐにやぐにやとなる残暑か な
 届かざる棚に熟れたるぶどうかな
 踊たき心は足に出てをりぬ
 画用紙をはみ出してゐる夏の海
 
大槻独舟(札幌市/花鳥・玉藻)
 灯をとめて大雪像は星空に
 鳳凰は氷の翼雪まつり
 煌めきを競ふ氷像散るネオン
 雑踏に迷ひ込む犬雪まつり
 異国語の中の孤独も雪まつり
   
大西岩夫(旭川市/雪華)
 犬神の在す宮への霧の道
 迅雷の走る日の本米の国
 天壌の音をしづめて桐一葉
 胸の火を闇とどめて寒椿
 千年の桜花舞ひゆく空の涯
   
大西順子(札幌市/ホトトギス・柏林)
 咲きはこる地味な花ですななかまど
 実色初め雨晹に熟るるななかまど
 日々彩ふ紅葉の明日へ想ひ馳せ
 砂をどる底にも霜の綺羅のあり
 初雪の木々に点りの朱実紅実
   
大野甲音(利尻町/道)
 一湾の四方の浮玉初茜
 春休み一人の旅の海峡へ
 来し方を刻む歯の跡箱眼鏡
 台風の夜を海が鳴る山が鳴る
 ほっちゃれの腹に霰の飾り塩
   
大野喜和子(札幌市/道)
 寒明の流れの先に橋いくつ
 休漁の波止の長さよ涅槃雪
 透けつつもうねる白魚糶の声
 さえずりのここより墓域開拓地
 たかぶりを闇に預けて花火果つ
   
大橋美彌(小樽市/葦牙)
 こぼれ萩箒目そろふ古刹かな
 稜線のくっきり浮きて弦の月
 ななかまど火種のごとく燃えはじめ
 石投げて澄める暇の秋思かな
 遠入り日宵待草の小さき揺れ
   
大場榮朗(千歳市/樅)
 縁とも絆とも言ふ賀状かな
 晩年は吉との八卦万愚節
 時の日や音なく刻む砂時計
 望郷の峡は十戸や柿すだれ
 古びたる調度の多き年用意
   
大林端芽(札幌市/道)
 屠蘇少々けふの薬は忘ける
 悴みし己が骸の重き事
 己が影蹼で消し鳥帰る
 急く心ポプラの絮に宥められ
 その陰につましきたづき花木槿
   
岡崎健風(札幌市/白魚火)
 初詣手を泳がせてみくじ引く
 烏兎怱々浸る卒寿の初湯かな
 家元の色紙を床に初点前
 吾が座右真実一路筆始
 お旅所に天狗は農の顔さらす
   
岡澤邦彦(札幌市/アカシヤ)
 闇に浮く白き暖簾や春浅し
 稜線をぼかして山の笑ひけり
 息深く万緑を身に充たしけり
 ガレージの虚ろとなりて蜘蛛の糸
 重奏の弦の緊まりや秋の雨
   
岡田慶子(東京都/道・嵯峨野)
 來し方は茶摘女なりしか五本指
 寄木売る峠の茶屋の心太
 柚子風呂やたった一人の夜の静寂
 万両や舞子素顔の先斗町
 鬼打つに頼り甲斐ある年男