四 季 の 小 路
 
遠藤静江(札幌市/草木舎)
 結氷の浮いて揺れいる虫歯かな
 ふるさとに祖母の皸おいてきし
 名画座へ行き着くまでの空っ風
 百才が毛糸編みおり編みあがる
 直線道路葉桜の空さわがしく
   
遠藤由紀子(札幌市/いには)
 鮟鱇の目玉二つの残りたる
 パエリアにほどよき御焦げ鳥帰る
 春眠し軟骨とろり煮くづれて
 蒸し鶏の芯まだ赤し蝦夷の梅雨
 刃先より鱗飛び散る大暑かな
   
及川澄(札幌市/澤)
 悟空眠さうベジータ尖る雪像よ
 転舵して傾く艇や大南風
 坂・運河・港・繋船・十三夜
 雲裂けてしばし燦爛たる枯野
 考へるかたちに冬木暮れむとす
   
生出紅南(札幌市/百鳥)
 万緑やジャンプ台より鳥瞰す
 夏空を切り裂くジャンパーの飛行
 ジャンパーの着地成功緑さす
 夏草に座すジャンパーのあどけなさ
 札幌の隅隅広し大西日
 
大石多美恵(千歳市)
 紙風船十指開いて子ら遊ぶ
 風車まはれば風の笑ひをり
 陽の笑ふ窓全開の夏来る
 夏帽子ひとり遊びの子が二人
 昼顔や白き雲見て海を見て
   
大内良一(札問市/氷原帯)
 浮玉の灯り粉雪舞う運河
 万緑や雄たけびあげて駆ける子ら
 うしろ向さ歩行訓練今朝の秋
 熱帯びし安保法制忘年会
 靴底のスパイク起す寒の入り
   
大川つとむ(砂川市/アカシヤ)
 峯雲や七つ釦を付けず終ふ
 義士禁の眼鏡の源蔵千鳥足
 サングラス掛けて隻眼をも庇ふ
 二月くる峡の水おと注ぎ継ぎて
 網戸張る書斎の北窓東窓
   
大河原倫子(札幌市)
 多いのも無いのもポケット桜貝
 白あぢさゐ雲と王様くれよんと
 受話器より近況ポンポンダリアかな
 雁渡しゆるびを少し花結び
 葉牡丹やチュチュの踊り子迫り上る
   
大久保昭郎(美瑛町/氷原帯)
 水すましコサイン消してサインする
 死ぬときはいつも通りの雪化粧
 笹嶋さやガレのランプはここに無い
 擦れちがう蝶に脳髄舐められる
 瀞を出づ享くや安らぎ今年洒
   
大窪孝子(利尻町/道〕
 風もなく音もなく散る紅葉かな
 一点の利尻目指すは春の海猫
 忌を終えて友の笑顔の痛き冬
 老老の二人に軽ろし細雪
 ふる里へ流れてゆくや天の川
   
大坂博(札幌市)
 塗り終へし真つ赤な船底風光る
 たんぼぼ野子等は挙りて蝶となり
 あかぎれの手の癒えぬまま母の逝く
 母の死に凩胸を吹さ抜けり
 昆布刈り手繰る腕に汐奔る
   
大崎富美子(札慌市/ことに)
 夕映えの余燼くすぶる雁の群
 初霜の声や故山へ無沙汰佗ぶ
 仏生会生れし曾孫の息づかひ
 カタカナは漢字の破片万愚節
 新松子見上ぐるほどに子沢山
   
大澤淳基(札幌市/壺)
 夕陽負ふ真つ赤な山河鴉の子
 人言のこちたしものよ秋の空
 紫の雲染む枯野忌を修す
 白梅や枝ごとに尖り咲き満つる
 新茶汲む滴下の玉に曇りなし
   
大澤久子(札幌市/天為)
 韃靼の枯野へ宇宙より帰還
 雪寵る母とふたりの雪花菜炒り
 リラ冷えや街暮れなづむ反戦歌
 新緑や逢へばたちまち指相撲
 蛇の衣風に吹かれてでんでら野
   
大島美千子(小樽市/鶴・さるるん)
 競うかに露地敷詰めて散る紅葉
 初雪のすつと消えさる両手かな
 マンションの壁に張りつく赤とんぼ
 一品は亡母の好物菊膾
 ―度摘みてサフラン部屋溢れしむ