四 季 の 小 路
 
井上修一(札幌市/澪)
 新年の扉開けたる鐘一打
 異国語に囲まれてゐる雪まつり
 同じ歌繰り返し聴く卒業期
 孑孑のルビー瞬に入れ替はる
 よき地名遺る下町十三夜
 
井上双葉(札幌市/スズラン)
 句ごころを少し醸して余花の中
 タウシュペツ朽ちる日思う夏の湖
 ほほえみの怫の顔や揺るる萩
 借景の白菊ほのと暮れ残り
 枯菊の括られ尚も香を放つ
 
猪俣総恵(札幌市/はるにれ)
 漕ぎ出せよ世界の子等へ宝船
 空色に消毒されてものの種
 祖父の鍬拓きし沢よ水芭蕉
 馬小屋に雀の迷子一茶の忌
 あざらしのクイックターン春の宵
 
伊林美恵子(音更町/ホトトギス・柏林)
 水音の遠くにありて凉新た
 風鈴や旅の想ひ出語りだす
 遠花火音が届けば落ち着かず
 台風や抗しきれざること確か
 旧道の想ひ出たぐる秋彼岸
 
今井章雄(浦臼町)
 逃水の逃げたる跡に句一つ
 万緑の包みきれざる雪崩跡
 蚊ほどにあしらはれもせず老いてをり
 新じゃがは男爵ですよと娘も嫁も
 木の実落つ移ろふ季節の句読点
 
今井星女(函館市/ホトトギス・白魚火)
 駒ヶ岳現れては消ゆる沼の秋
 糺葉せる島から島へ太鼓橋
 秋草を敷きて浮玉干されあり
 露涼し和食のやうな汀子の句
 イヴのごと修道院の林檎食ぶ
 
今井嘉子(札幌市/百鳥・蒼花)
 どの窓も開けて一弥生の風通す
 余生とは言はぬ未来や苗木植う
 日のめぐみ風の励まし麦の秋
 はつなつといふ空の色海の色
 噴水や空のさぎなみ呼び戻す
 
今本絹女(旭川市/玉藻・日矢)
 地吹雪に天地ひとつとなりにけり
 氷点下大地の鼓動聞こえけり
 手をのばしそこに手がある冬温し
 寒卵病みて知りたる情けかかな
 そのままでよいよと云ひて秋の暮れ
 
井村美智子(旭川市/ゆく春)
 麦青む玩具のこときトラクター
 光陰や少女は老女に敗戦忌
 枇杷の花育てし夫は見ず終ひ
 牡丹や別れは一人ひとり来る
 雪の層すべて自然の造形美
 
入谷紘一(旭川市/ホトトギス)
 散る桜一人占めして野の仏
 病窓を広げて風の薫りけり
 遠き景色づさ浮きし麦の秋
 立ち上がる仁上のごとく雲の峰
 子ら去りてふと気がつけば虫の声
 
岩城睦子(札幌市/道)
 今朝の冬鴉の影もなき湖畔
 民宿の魚拓の黄ばむ冬の湖
 深雪晴声よく通るバスガイド
 被災地の地酒を今日も熱燗で
 交番に光る刺股年の暮
 
岩澤悦子(黒松内町/さるるん・アカシヤ)
 七合目息継ぐ空の赤とんぼ
 海の日や奥尻沖の波しづか
 マラソンに挑む夫追ふ刈田風
 山法師の根方に生るる山法師
 湯上りの童ころがる夏布団
 
岩筋由紀子(苫小牧市/葦牙)
 日時計に僅かな遅速春浅し
 マヌカンの細き手卿や冴返る
 かたつむり背負ひしものの見えもせで
 ムックリの風に付きたる暮の秋
 冬ぎれや優しさてふ罪もあり
 
岩間ナミ子(札幌市/蒼花)
 雪掻にそれぞれ家風あるやうに
 雪囲解かれし木々の大欠伸
 春愁や音なく濡るる夜半の雨
 布団作り真綿の角に二人の子
 蟻の道地中秘密のパラダイス
 
岩本明美(札幌市/郭公)
 通し鴫樹木医幹にふれながら
 畑とも庭とも言いて葱坊主
 片蔭をたどりて遠くなりゆく子
 用水のしづかに速し独活の花
 鉄杭のごと羊蹄の花枯るる