四 季 の 小 路
   
横関公晴(上士幌町/道)
  極月の隙間で遊ぶ子供かな
  六曜の気になる寒の救急車
  雛飾る座敷童も来るという
  老後にと卒寿の貯金山笑う
  三つ目の地名許さず原爆忌
 
横田美佐子(音更町/柏林・ホトトギス)
  今生れしぽかりと思ふ蛙の子
  花屑に染まりて長き石畳
  軽鳧の子の甘えん坊もきかんぼも
  無心にはなり切れぬまま草むしる
  高原の牧の広さや涼新た
   
横村楓葉(余市町/萬緑)
  敬老の日や雑布を絞り切る
  海の日やわれに焼きつく軍艦旗
  室咲きにして連翹を昂らす
  蝿居らず人はすげなくなりしがな
  剪定の音に律儀を聞くごとし
   
横山いさを(江別市/樅)
  ハイタッチして雪割を交替す
  花冷をゆく骨壺のぬくみかな
  鬼どもの集まつてゐる龍太の忌
  狐の面後ろに回し花野ゆく
  隣より回覧板と長十郎
   
横山玉卯(札幌市)
  桔梗や弾くる音のあるごとき
  雪囲ひ終ふる庭師の日暮かな
  今朝の春黒豆鍋にふくよかに
  残雪の庭清明の目覚めをり
  新しき俎板香り夏料理
 
横山敬子(札幌市/ミモザ)
  反抗期さらりと抜けて卒業す
  槍のごと立て掛けられしラワン蕗
  麦の秋踏切にある風の音
  目覚むれば街はジオラマ雪景色
  着ぶくれの肘触れ合ふてアンコール
   
吉尾広子(北竜町/道)
  与太郎がひまわり迷路抜け出せず
  茄子漬けのとうとき色を食卓に
  三日月をふたりの物と勘違い
  鮟鱇と対面したる土曜市
  寒紅の濃きは律するところあり
   
吉岡睦子(札幌市/馬酔木・道)
  帰らむと声一斉に月の雁
  鈍色の凪るいるいと雁帰る
  垂れ籠むる雲の底ゆく帰雁かな
  日の匂水の匂や小六月
  こぼれゐる冬満月の雫かな
 
吉澤深雪(札幌市)
  草の雨また豌豆の花に降る
  土返し蚯蚓もわれも跳びあがる
  雨だれやときおりゆらぐ古簾
  はなれ飛ぶ鴉いづこの枯木宿
  鰰を秋田生まれの母と食ぶ
   
吉田洋子(釧路市/氷原帯)
  日の差して真白き小鉢クロッカス
  ベージ繰る雪解しづくの音挟み
  音消して灯を消し海霧に包まりぬ
  えぞにうの花笠の黙夜の更ける
  鰯雲また独りごと言つてゐる
   
吉野早苗(札幌市/樅・郭公)
  銀行の木椅子のきしみ多喜二の忌
  白鷺城の如く流氷来たりけり
  風さやかなり春暁の竹林
  若葉ロード子の銀輪に追ひつけず
  短夜の蛇口したたる水の音
    
吉村桂峰(札幌巾/ホトトギス・玉藻)
  寿の一字鮮やか賀状受く
  耕すやこれが天職五十年
  闇を背に鬼人の叫び薪能
  妙法の灯も消へ元の暑さがな
  二度三度あらし駆けゆく秋の空
   
依田明倫(奈井江町/ホトトギス・夏至)
  日本兵墓地ヤナギランまくれなゐ
  昼寝するならみづうみの白イルカと
  まぐはひの完了白夜寝台車
  ヴオラチエロ材としかえで黄葉の木
  宙暮れて元素流星エネルギー
   
米坂節子(札幌市/蒼花)
  粉雪舞ふ山脈肩を寄せ合へり
  パンジーの猫の顔して並びをり
  語り合ふ椅子に残暑の溜りをり
  楽譜には書けぬ旋律夏嵐
  紅葉かつ散る軽そうに重そうに
   
米澤康寧(札幌市)
  豇煮て妻と二人で時を酌む
  恙なき母の声聞く魂祭
  かさこそと葉をかき分けて足の秋
  清しきや問ひかけてあり今日の月
  息災を肴に酌まむ屠蘇の膳