四 季 の 小 路
   
山下亜紀(札幌市/雪嶺)
  開幕の秋田花火や歓喜の歌
  被爆されマリアの祈り天主堂
  洪水や北海道も泥まみれ
  行く秋や窓に夕陽の広がりて
  秋鮭や無駄なく一本俎板に
 
山下恭子(札幌市/青女わかくさ)
  ハンカ千の折り目の疲れひと日終ふ
  朝顔の今朝の一輪濃紫
  朝毎に言葉をかけて茄子育て
  秋灯やふと手に取りし鯨尺
  水蜜桃啜る十指を濡らしては
   
山城カヨ(天塩町/若葉・青女わかくさ)
  押切りの音は父の音里の秋
  利尻嶺の空澄む高さ番鶴
  稲扱きの小昼は母の蕎麦団子
  糸紡ぎ父の股引編むことに
  さくら咲く山に囲まれ出作畠
   
山田啓一(稚内市)
  朝凪やジョギングシューズの苦行人
  子等駆けるバカと書いて夏休み
  一刺しの今日の採血秋の空
  烏賊船の水尾一筋の続きけり
  座して又何故にすがるや秋の蠅
   
山田凍花(北見市)
  夏帽子知床五湖を知り尽くし
  万緑やB級戦犯遺芳の碑
  妻のメモ蜜柑の下にありにけり
  古女房よいしょよいしょと十二月
  主語のなき夫婦の会話虎落笛
 
山田美智子(釧路市/道)
  羅や嘘も本音も着こなせり
  相槌の一拍おくれとろろ汁
  夕端居さらり吐きたる本音かな
  なまこ喰う海の昏さと頑固さと
  出自など風の吹き様曼珠沙華
   
山田瓔子(札幌市/道)
  何時からか棚にある石白秋忌
  冬薄ゆだねる風を選びをり
  思ふのは遠く住む友冬夕焼
  女子会に男子も居りて小正月
  軒氷柱とける姿で育ち居り
   
山村公弥子(札幌市/踏青)
  静よりも動の人生梅大樹
  はんざきや昔を語り出す化石
  いなぴかり太平洋に突き刺さる
  舫ひ船運河に伸し掛かる晩秋
  空白のままの答案初寝覚
 
山本千枝子(江別市)
  草餅や搗きて野の色野のかおり
  月下美人プリズムの白天降り
  限界と無限のはずまあきつ飛ぶ
  豊穣の刈田に残る轍かな
  人恋へば只しんしんと雪が降る
   
山本洋子(札幌市/澪)
  陽炎に動き出したる仁王像
  同じ子のまた来てのぞく蟻地獄
  天平の仏にまみゆ夏帽子
  みな遠き人となりたり冬銀河
  保育器のいのち靜かに雪あかり
   
山本玲子(北竜町/道)
  新月や太古はここも海の底
  つくりては消しては一句水澄めり
  風神の力ずれたり日雷
  聞き役に徹し新茶の三杯目
  水晶のような目覚めや裸の子
    
山谷哲朗(美唄市/葦牙)
  来し方の九十年を初湯せり
  偕老の支へ合ふ日々額の花
  茱の花の広がる丘の童唄
  くもの巣の朝日捉えて七色に
  ゆつたりと回り灯籠平和かな
   
陽美保子(札幌市/泉)
  やはらかし良寛の字も枯山も
  雪割りの音に公案解けにけり
  草をこぼれて雨粒と子雀と
  禅僧の涼しき叉手とすれちがふ
  一天に青空みちて鮭来る
   
横井キミ子(由仁町)
  俎も喜び笑顔の春にがみ
  赤トンボタ日にまぎれ遠ざかる
  兜虫胸に機上で手を振りて
  塾の子が指折り七夕待つ笑顔
  野の花を挿して月見の一人酒
   
横尾スズ(札幌市/花桐)
  マンホール図柄浮き出で風光る
  平安の夢をひろげて雛の市
  大泣きのさまに牡丹崩れけり
  寝ころべば畳の匂ひ夏至の風
  飛ぶ前の光集めて草の絮