四 季 の 小 路
   
源鬼彦(札幌市/道)
  旧邸の牡丹の白にひそむ秘話
  妻と子のつくる一夜の一夜酒
  ハンカチや時に泪を吸ふことも
  滴りや時の流れを透かすかに
  黙檮のまなこ閉づれば蝉時雨
 
美馬悦子(札幌市/澪)
  水切りの石のきらめき春立ちぬ
  昃れば川面青葉の風渡る
  海の日の海はますらを自若なる
  来世また母の娘や墓洗ふ
  霰来て胸の振子はもう振れぬ
   
宮ヶ丁孝子(札幌市/丹)
  春の月あげ櫂入れの醤油蔵
  巣立つ日の近き藁屑拾ひけり
  薫風や壺になりたき土捏ねて
  母在るをけふも恃みに花山椒
  天辺の撓ふかぎりの秋夕焼
   
宮下芙紗子(札幌市/雪嶺)
  三白眼利かすプーチン秋暑し
  山鳩の太い低音秋の暮
  鳥渡る琴視る親の半世紀
  ミナヅキの象牙色ゆれ秋の空
  いづこより狭庭をねぐら夏蛙
   
宮村純子(札幌市/樅・蒼花)
  早苗田の光を分つ一両車
  蓮咲くや明治を語る赤れんが
  各々に生くる道あり鳥帰る
  白萩の風にさそはれ円覚寺
  茜さす山の稜線澄める秋
 
宮本はるお(士別市/樹氷)
  梅を干す妻に確かな血の訛り
  終戦日青春のない生涯記
  流れ星死ほど確かなことあらず
  冬木立星へ失語の枝ゆらす
  行く年や自分史に足す白寿の記
   
宮本晴美(札幌市/草木舎)
  帰る雁新幹線の長い列
  お祝は海鮮丼と春の月
  ふる里の地名番地に桜散る
  現代の仏壇仏具春霞
  若葉風玄米かゆの欸きあがる
   
宮本二三夫(札幌市)
  そよぎ来る風に芒種の匂ひして
  川の辺の朽ちたるポプラ独歩の忌
  潮風に骨の逶きゆく干し蝶
  風騒ぐ懐古の並木草ロール
  排雪の雪に雪おく雪捨場
 
宮脇本脩(江別市/氷原帯)
  シャボン玉ひとつひとつに顔がある
  啓蟄や妻の鼓動を聴いている
  紫陽花の途中は旅と思いけり
  こくわ熟る蔓引いて空直ぐみえる
  百姓のいのちの水の冷やかに
   
村一草(比布町)
  天晴れといふ他のなき枯野かな
  この男何も解らず蛙鳴く
  学校の廊下寒いに決まつてる
  罪業より放たれ天の川となる
  空がより空色になる糸とんぼ
   
村井圭子(札幌市)
  純白な手縫ひの産着聖五月
  柔らかに桔梗の蓄力満つ
  万緑や赤子誕生名は恵
  福耳の赤子に添寝小鳥来る
  セーターの胸ふつくらと娘は母に
    
村井直子(北見市/道)
  東雲や北見盆地の初明り
  初日記今日のわたしをありのまま
  髪洗ふ背に隙あり死角あり
  たまきはる命の限り蝉時雨
  コスモスの揺れて鬼籍の顔と顔
   
村上海斗(札幌市/itak)
  満塁の二遊間抜け若葉風
  鼻先のにきび吸はれし銀河かな
  夕凪や一航戦は海の底
  大夕焼けより放たれし石狩湾
  甲板の夜に八月のラジヲかな
   
村上千代(小樽市/葦牙)
  せゝらぎの清き流れも秋深む
  爽籟や伏せたるまゝの貸ボート
  みどり児の五指のびやかに秋來たる
  秋風や誰かを呼んでゐる様に
  霜月や能面のごと海しずか
   
村上玲子(札幌市/秋・秋さくら)
  余生とぶ手抜上手や茄子の花
  夏波は消ゆる鉄路の挽歌かな
  太陽を呑み込み夏の海暮るる
  波の色紺を深めて夏終る
  長さ夜やハツピーエンドでドラマ果つ