四 季 の 小 路
   
松本きよし(岩内町/葦牙)
  耕人の首を垂れて葬送る
  蜘蛛の囲の寸尺たくみけさの雨
  句読点打って息つぐ秋灯下
  坐りなと花野にうながされて坐す
  冬衣着て蕭然と蝦夷の富士
 
松谷誠人(札幌市/道)
  木の肌に耳を預けて春の川
  車椅子生涯の帆や夏岬
  水澄むや心音の透く川原石
  退職や手に一僕の冬帽子
  鷹の目の正眼に座す利尻富士
   
眞鍋親子(札幌市/花鳥・柏林)
  裾を引き結び柳や初茶の湯
  利休忌へ黒帯小さく着る小紋
  柏翠忌葉擦れさやけし碑のほとり
  厨の灯動く命の寒蜆
  屈斜路湖凍れる沖へ御神渡り
   
真星元(札幌市/ミモザ)
  天高し雲ひと息の掠れ文字
  十三夜往ぬる列車の尾灯かな
  身に入むやシネマ観終へし地下出口
  凌霄の喇叭奏づるワルツかな
  螻蛄鳴くや思し召し無き句道場
   
丸山昭子(札幌市/道)
  棟梁の声まだ老いず初仕事
  木の芽晴海一望のレストラン
  古井戸の奈落を覗く雀の子
  紫陽花の小暗き径は猫の道
  開拓の二基のサイロや赤とんぼ
 
三浦香都子(旭川市/対岸)
  青空の広がつて来るお元日
  笑ひ出すやうに木々の根明きにけり
  洗礼のごとく浴びたり新樹光
  闇といふ安心蛍火の増ゆる
  白鳥の着きたる声を交はし合ひ
   
三浦敏子(小樽市/雲の木・郭公)
  ふる雪に朱の実を灯す整の街
  父の忌の蒼き寒月海平ら
  風蝕のオタモイ岬春の鳶
  羅や合せ鏡に母の翳
  秋うらら石にまろ寝の一休さん
   
三浦ゆかり(札幌市)
  短日の市民活動雨上がる
  杣道に洞穴いくつ春の雷
  鶯や観葉植物南向く
  弁当は畦に並べて百千鳥
  脱穀や馬追原野は晴天に
 
三国眞澄(旭川市/雪華・秋)
  鳩の出る帽子を買ひに更衣
  水中花自由手ばなすとは哀れ
  草市の蓙の端より小菊選る
  アマポーラ植ゑて百年後の恋
  土なかを照らしてゐしか白蕉
   
三國矢恵子(新ひだか町/寒雷・道)
  立冬や生ある限り水を飲み
  生きるにも死ぬにも力寒に入る
  夫の椅子あき大寒の空がある
  春暁や声なき夫のこゑに覚め
  つくづくとひとりは寂し遠花火
   
三崎千恵子(札幌市/葦牙)
  咲ききらぬものも束ねて冬隣
  過去未来その真ん中の初明り
  早春の仏の水を鉢植ゑに
  春愁やはづして著き眼鏡跡
  ひたひたとはたばたばたと六月来
    
水谷郁夫(札幌市/秋)
  沖よりの風に斬らるるつらら晴れ
  満天星の万の呟き聴きに寄る
  晩年も仕事中毒春霞
  焼鳥の焼くるあひだの鳥悼む
  駅頭を散り別れゆく十三夜
   
水谷キミヱ(札幌市/秋)
  川溢れつつゴンドラも見てゐたる
  円型の帯状疱疹小六月
  杜鵑草手折れば心毀れたる
  霜月の陽の残りゐる夕べかな
  他人事が立派笑みゐる大西日
   
溝田和子(釧路市)
  初鏡卆寿の顔をしげしげと
  日本中立子忌三十三回忌
  三主宰虚子曾祖父に虚子忌日
  昭和の日一字吾が名でありしかな
  俳詣の窓際族よ納め句座
   
南幸子(札幌市/縦)
  赤ワイン五臓さはがし女正月
  すき焼に下仁田葱のザックリと
  詰め襟のなじまぬままに入学す
  風鈴の音も一品にひとり膳
  薄陽差し開ききつたる白牡丹