四 季 の 小 路
   
法島信子(札幌市)
  逃水を追いかけ空ヘオホーツク
  桜鱒堰越えたくて越えたくて
  海霧深しあやめが原に馬の影
  山の湖宝石箱に星月夜
  阿寒源流熊よけ鈴の遠ざかる
 
星徳男(札幌市)
  故郷に集ふ呼びかけ秋祭
  炭鉱の死語なつかしむ生身魂
  坑夫像仰ぎてをれば蜻蛉増ゆ
  炭鉱の跡地辿れば鹿たむろ
  今朝の秋石の窪みの水光る
   
星トモ子(札幌市/玉藻・はるにれ)
  まづは斥候石狩平野スワン引く
  相棒を探しあぐねて蝸牛
  羽散らす鴉の喧嘩炎天下
  出雲路や神有月を過ぎてから
  過去問はず未来は怪し去年今年
   
星星予(札幌市/羽化の会)
  卒業のネクタイそつと娘は直し
  あすキャンプ告げて追ひ越す三輪車
  土手原の捨て子のやうな返り花
  天空をこぼれ落ちさう星冴ゆる
  ワッフルにとけゆくバターぱたん雪
   
細川大(札幌市/itak)
  終戦やてんたう虫の羽光る
  鉛筆の芯の尖りや原爆忌
  水飛沫秋の空へと届きたる
  栗の花白血病の腕に落ち
  ドーナツの穴くぐりゆく秋の風
 
堀井節子(音更町/柏林・花鳥)
  堤防に寄せる濁流颱風禍
  堤防の際に住みをり颱風裡
  秋出水呑み込まれたる河川敷
  濁流のままの大河や秋夕焼
  秋の雨つひ気にかかる瀬音かな
   
堀江紀代美(石狩市/道)
  虫すだく真只中の阿吽像
  紫のポプリを贈る文化の日
  菊日和女庭師に弟子二人
  遠き日の母ちゃん役や猫じゃらし
  言い訳けに空の青さと花野風
   
堀川靜彦(札幌市/道)
  郷愁や桜紅葉の真ん中で
  母の曵く橇の荷となる破顔の児
  女正月妻を横目の厨ごと
  朝あけの連山覆ふ芽吹きかな
  炎天下ただ黙黙とペダルの子
 
堀川旦州(紋別市/葦牙・草の王)
  地虫出づ土中の香り身に沁ませ
  牛呼べば馬も付いて来夕焼ける
  葉桜のさらさら鳴りし悲憤の日
  除雪する五体総てを躍動し
  瀬の流れ初夏の音なり清々し
   
本間京子(小樽市/ホトトギス・悠)
  自問自答明日へと委ね木の芽吹く
  若き医師笑顔すくはる春近し
  支へられ病和らぐ春隣
  思ひ出は鮮やかなるや桜咲く
  懐しむ花の旅情や夫とゐて
   
本間美喜(稚内市/ホトトギス・玉藻)
  春漁を待つ伏せ舟を越しけり
  どの顔も希望に満ちて卒業子
  庭の相朝夕変り風光る
  又笑ふ女ばかりの雛の間
  萩の宿枝ひれ伏して客迎え
    
本間美香(旭川市/雪華・草樹)
  白鳥のこゑ乱れ合ふ集結湖
  初春の揃ひの雅致の祥瑞手
  むらさきのピカソの母子涼新た
  母の忌を修しだんだん梅の散る
  流氷の泣きて夜な夜な岸に寄る
   
前川招福(日高町)
  ころころと風とまろびし雪毬藻
  日に映ゆるにび色納屋の垂氷かな
  着信音夢に未練の昼寝覚
  神輿渡御また盛り場に空き店舗
  目に力残る気迫や初秋刀魚
   
前田恵(旭川市/海程)
  ほあふあほほほ逢いたいと云ふ春の雪
  青葉ざわわこんな日に子を産みました
  夏服の彼はまっすぐ杉の匂い
  蟻の巣を毀す何も起こらぬ昼
  凍星降る降る私は鍵盤
   
前田よしみ(札幌市/ホトトギス)
  梵鐘に込める想ひや去年今年
  雪晴の大雪山に眺めゐる
  殊更に雷雨激しくなる家路
  病む友の話し亦出し花の句座
  夏木立象の背に乗る誕生日