四 季 の 小 路
   
原田た江子(寿都町/アカシヤ)
  香水はシャネルの五番風かおる
  梅干は毎朝一個祖母のおしえ
  仏前に供えし亡夫の好きなばら
  赤いもの好きですまだまだ若づくり
  もう少し待ってて下さい亡き人へ
 
ばんばしげゆき(北見市)
  ダム湖いま藍を深めて夏来る
  路地抜ける処暑の風にも匂ひあり
  身に入むや介護するひとされる人
  公園の鉄棒見あぐ雪達磨
  山間をつなぐ鉄塔虎落笛
   
桧垣くみ(札幌市/未来図・樅)
  勾玉は永久に胎児や冴返る
  啓蟄や土偶のまなこ遥かなり
  古書店に立読みの脚驟雨来る
  重陽や二十の君と酌み交はす
  凍鶴の暝目長し地球病む
   
檜垣桂子(旭川市/蒼花)
  春一番壁の写楽につき当たる
  春愁の初めは黒きソファーより
  香水のにほひ振り向く陰陽師
  この道をゆく露草と共に濡れ
  木の実降る気ままに楽しさうに降る
   
東田ただし(様似町/郭公・うのとり)
  冴返る沖に灯の数まばらにて
  春蝉の声のかぎりを日暮れまで
  郭公に水田いよいよ彩増せり
  草丈けて沼ひそかなる通し鴨
  新涼の遠くに灯す詩ごころ
 
疋田英子(稚内市/樺の芽)
  寒茜海は恋する色となる
  太陽に敵ふものなし水温む
  春の闇分水嶺を見極めよ
  長針は正しく進み明易し
  一粒のわれを見つけよ鰯雲
   
久居智子(旭川市/樹氷・ロマネコンテ)
  使われぬ筋肉動く春の山
  シナプスの四方八方夏来る
  玉の肌新じゃがという限定品
  例外は無きものと知る台風禍
  異国舞うアブラカダブラ薔薇圉
   
久木とし子(旭川市/舷燈)
  初湯浴ゆるりと伸びる生命線
  螢火や胸に少しの余白あり
  復刊の帯は金色秋気澄む
  煮こごりや昭和の暮しふとよぎる
  世の隅も又あたたかき蔵カフエ
 
平京子(天塩町/若葉・青女わかくさ)
  稚のことまづは一行初日記
  艫綱に太き氷柱や時化つづく
  父の忌や降りみ降らずみ春の雪
  春の雪朝の雄阿寒化粧ひけり
  二階より稚あやす声明易し
   
平尾知子(札幌市/草木舎)
  本箱にくずれそうなる秋日かな
  大根欸く湯気のむこうの死者生者
  牛啼いてにわとりないて日短
  ゆめの端踏まれておりし掛蒲団
  野良猫のおぼろを引いてもどりけり
   
平川靖子(札幌市/道)
  ほめあうてお隣の薔薇うちのバラ
  明易し鴎とび交ふ漁船かな
  読みすすむ一書にありて更衣
  田舎道ドレスの似合ふ日傘来る
  夏ひと日破顔の夫の小樽港
    
平田妙子(江別市/アカシヤ)
  雨上り鈴生りトマト光放つ
  子雀や飛び立つ樹樹の揺れ止まず
  秋雲を追ひかけて行く児等の声
  友と逢ふ曲がりし路に落し文
  惜しみつつ茄子の光りに刃を入れぬ
   
平間純一(旭川市/白魚火)
  鹿垣を囲して十坪蜑の畑
  駅前の「風待食堂」鮭漁期
  酒蔵の天秤量秋の声
  「かへつたぞ」潮入波の鮭の群
  終点の始発の駅や雁渡し
   
平松富二代(増毛町/壺)
  縫ひ初めや糸巻に糸足してより
  夏みかん恋は思はぬ展開に
  公園の水ある方へ夏帽子
  かたくなに過去を語らずねぢり花
  秘め事をほたる袋に詰めやうか
   
平山雅子(幕別町/柏林)
  陽の力寒さの底を抜けにけり
  馬子唄の歌碑のうすれや苔の花
  三叉路の古き祠や麦熟るる
  渓谷の空の高さに崖もみじ
  ギブスの手放り出したき年用意