四 季 の 小 路
   
畠典子(札幌市/葦牙)
  ふたたびの産土の地よ花三分
  万緑や白の抜き出る怫舎利塔
  望郷や蓮の池より夜の明ける
  七夕や文房四宝整はず
  古本を積み重ねをり秋惜しむ
 
畠中定子(札幌市/蒼花)
  地吹雪や五臓六腑を吹きまくり
  カレンダーの巻癖とれて春立ちぬ
  掴めない俳句の尻尾木下闇
  台風の傷跡に泣く農の汗
  年金に折り合うくらし心太
   
花本研二(北見市/葦牙・白魚火)
  名月や風雅地にあり天にあり
  性格は一様ならず七五三
  セーターを脱ぐ万歳を強られて
  水の他光るものなし十二月
  耕しや屯田兵を祖としたり
   
花田敏正(岩内町)
  け散らすもなおくりかえす春の雪
  えぞふじのすそ野を洗う春の雨
  つかの間の浮世離れの昼寝かな
  知床は原始のままに鮭のぼる
  北風や果敢に挑む登校児
   
巾下正子(ニセコ町)
  一言の手書きになごむ賀状かな
  薪運ぶ段取りのあり手橇引く
  快復の兆しに安堵春の星
  胡弓の音耳に残りし風の盆
  嬉嬉として吟味してをり茸狩
 
濱崎敏子(むかわ町/葦牙)
  毛糸編むやがて一途な恋に似て
  作業着の夜半の竿を銀漢に
  公魚の百のいのちの嵩少し
  旅立ちのいまは廃駅初時雨
  丹頂の下り立つ畠の深眠り
   
浜田羅牛(羅臼町/いさり火・ホトトギス)
  知床の羆を叱る大船頭
  浜なすや部落に乙女の悲話ありて
  七十年異国の儘の島の月
  一掬の怫心の在り蛾を逃す
  野に在りて我執を捨てぬ鬼薊
   
濱田恵子(美瑛町/樹氷)
  初夢の獏にとられてしまひけり
  ふれ合うてつき放しては花筏
  ほうたるの鳴かずに闇を勣かしぬ
  蜂あまた野菊を褥としていたり
  ゆれながら螺旋階段霧のぼる
 
濱田美喜子(旭川市)
  注連を綯ふちちは杳くに母ここに
  生ける物みな埣啄の浅緑
  老耄の知恵こんこんと湧く泉
  白壁に二百十日の影走る
  寂しいと初雪の日の長電話
   
早川英夫(札幌市/岳)
  旅ロマン運河の街の雪あかり
  地吹雪の曠野に赤き路側標
  けあらしの北緯四十三度かな
  ダイヤモンドダスト降りたる旭川
  故郷はサンピラー降る山美しき
   
林郁子(札幌市/狩)
  笛吹いて終る童話や冬銀河
  春昼のはたりはたりと象の耳
  薫風や遠くに光る滑り台
  栗の花ことに匂ひて雨意さだか
  まつさきに書く綿虫に逢ひしこと
    
林遥可(札幌市/itak)
  雪割や病ふかまる恋路あり
  恋猫の金の眼を連れ回す
  失恋はアイスクリームの味がする
  あをりんご高校生の片恋慕
  運動会友の熱さを分かち合う
   
林冬美(札幌市/草樹・ロマネコンテ)
  春が来た北国軽くなりにけり
  新樹光長生き少し恐ろしき
  酔芙蓉源氏絵巻の女御達
  雪の降る気配に動く猫の耳
  給食と言へば鯨のフライかな
   
林佑子(札幌市/河)
  白湯を飲み蝦夷梅雨といふべかり
  葉桜の余白に白い船が行く
  白刃となりて海猫翔ぶ多喜二の地
  万緑を来て万緑に時間埋める
  夏怒涛老人白書にとどめ置く
   
葉山彰(福島町/葦牙・ろんど)
  初嵐大地蹴り出す駒の脚
  潮風の甘く色なす唐辛子
  四十雀母の小言をついばめり
  招き猫横目で睨む十二月
  風紋の神の道在り冬日高