四 季 の 小 路
   
野勢英一(幕別町/樺の芽)
  悴めば悴むほどに悴めり
  山笑う風のある日は声立てて
  下萌を促している夜の雨
  夏めくや出だしのほかは知らぬなり
  座布団に赤千転がし盆の家
 
能登恭子(札幌市/かでる)
  ポケットに仁丹からから秋祭
  父母おもう齢となりし秋の暮
  散歩道どんぐり拾うくせついて
  冬薔薇かすかにゆれて真紅なる
  亡き人の増えて忘れぬ秋彼岸
   
野原晃山(名寄市)
  贅沢や紅梅匂ふ里に住み
  ポップコーンはじけ春愁こはれけり
  画鋲跡点々とあり黴の宿
  踏切でいらいらしてる夏帽子
  面の皮厚い鯉来て滝登る
   
野原浪子(旭川市)
  ものぐさな鴉鳴きをり冬隣
  睡蓮の花芽を見紛ふ巻葉かな
  祈ること多き身ほとり青時雨
  尾白鷲鴉より上枝に止む
  MRI船で痛みのもとさがし
   
野辺ひろこ(小樽市/鶴)
  足跡のけさは兎や雪の庭
  雪の坂降りたるところ接骨院
  宵祭花街の中の大鳥居
  時計台ひるの二時打つ酷暑かな
  水引草気の良き親子大工かな
 
野呂歩世亜(札幌市)
  サロマ湖に広がる珊瑚草の空
  サロマ湖や舟は静かに凪に乗る
  サロマ湖のアイヌの悲話や大夕焼
  サロマ湖の西日に海猫の鳴く岬
  サロマ湖に灯る送火のみの湾
   
羽賀純子(由仁町)
  水仙の朝日に祈る姿して
  紫陽花やぬれて誠の彩なせり
  役終えて散りゆく木の葉音もなく
  大空へ声を重ねて恋雲雀
  雁の声空知山河の深みより
   
橋本和男(小樽市/天為・アカシヤ)
  信長に焼かれし里の柿赤し
  曵いて鳴る鐘の一打や紅葉寺
  桔梗を明智が妻の墓に添へ
  最澄の祈りの山の霧が降る
  石積みの名残りの町の十三夜
 
橋本恭子(札幌市/蒼花)
  万緑に溺れてゐたる仏舎利塔
  とんぼうに先を越されし濯ぎもの
  相続は四等分に檀の実
  ファスナーの咬みちがひして秋暑し
  ねんごろに鈴振つてみる神の留守
   
橋本末子(小樽市/鶴)
  葉桜や禅語にうとき仏徒なり
  触れてみよ霧を歩いてきたる髪
  夕鴨や明日の網積む運河船
  大年の瓜くもらせて蕎麥を打つ
  自販機の缶落つ音の寒九かな
   
橋本忠(釧路市)
  炎昼や花瓶の面にしづく馳す
  深山に涼湧き出づる沢の音
  短パンの少女に似合ふ夏帽子
  かはたれの残鶯の声孤独なり
  夕染むる湿原揺らすあし穂かな
    
橋本等(釧路市)
  桜桃忌靜かに時を過ごしけり
  美少女のロングヘアー夏に入る
  妖怪を大好きな子の夏の宵
  いかぽかり台風一過農惨禍
  バス遅れ来る容赦なき冬の風
   
橋本喜夫(旭川市/雪華・銀化)
  骨堂は卵置き場に似て暮春
  水葬のごとくしづけし蛍寵
  通夜人の寝まりしのちの置火鉢
  闇にのみ安らぐやうに病蛍
  白鳥の影も白鳥たらんとす
   
長谷初江(旭川市/道)
  かばかりの風にコスモス揺れ止まず
  つぼに活け芒はやはり風のもの
  一片の雲の流れや秋高し
  水音の深めてをりし蝦夷の秋
  吾が庭に屯してゐる秋の蝶
   
長谷川末子(旭川市/舷燈)
  バス停のあと三分の寒さがな
  抱かれゐる赤子の眠い桃日和
  下萌えに日のとどきをり見本林
  主婦といふ優しき柱夏貴船
  つまづいた石さヘー会道うらら