四 季 の 小 路
   
西野陽子(江別市/今)
  雪の風紋はるかなる日を重ね
  けふ咲くよ咲くよと桜並木かな
  海明けのたっぷりきざむ白髪葱
  野遊びのひとりとなりて師とゐたり
  青物に刃を入れてゐる大暑かな
 
西增正夫(札幌市/道)
  更衣巫女の袴は赤のまま
  秋暑し象の目尻の涙にも
  老犬の鼻で遊ばす秋の蝶
  日の本を海で撃ぐや神の旅
  三平汁すすり別れの番屋の灯
   
西村榮一(江別市/壷・銀化)
  注文を聞きに来ぬ店秋暑し
  ななかまど命だんだんあらたまる
  しばれると風音の透く鉄道林
  玄関の前から線路描く暮春
  弔ひの空の無色よ遠郭公
   
西村山憧(札幌市/氷原帯)
  駅まで千歩父まで久遠つくづくし
  鬱の字のほぐれ始める木の芽時
  鍵穴に合わぬ鍵持ち桜桃忌
  お静かに蝶が羽化する時間です
  ブーメラン虹の裏側見て寡黙
   
西元有子(旭川市/ホトトギス)
  秒針の流るる毎去年今年
  遠山の麓霞みて晴一日
  なほざりの狭庭一隅つつじ燃え
  試歩の道続く浜辺や月見草
  秋天にポプラの梢つきささり
 
二丹田めぐみ(札幌市/ミモザ)
  藤房の揺れる日陰に猫が行く
  噴水を抜けたる日向靴の跡
  幕間やひと息鎮め扇風
  雨あがるひかり溶けゆく夏料理
  風鈴売それぞれの音街に来る
   
仁平信子(釧路市)
  流氷は手をつなぐかに去り行きぬ
  雪道を広げんとして雪を割る
  免許証返して帰るうららかに
  虚子句碑の峙つごとく青嵐
  あの時も台風句碑をなつかしむ
   
丹羽雅春(札幌市/葦牙・和賀江)
  赤とんぼ路面電車の客となる
  まつすぐにただまつすぐに雁渡る
  初雪や今もスキップするこころ
  急ブレーキ今撥ねたるは雪女
  かまくらや昔も今も秘密基地
 
庭出一美(札幌市/道)
  駐在は蛻の殼や雪女郎
  側に添ふだけの見舞や雛の日
  逃水の先を越されぬ鬼ごつこ
  馬となる艶濃き茄子を選べけり
  小春日やまだ捨てきれぬ母子手帳
   
沼尻世江子(函館市/艀)
  行く春や逆光の人語り出寸
  ジャズ流れ首夏のメレンゲ立ち上る
  木製の水道管や秋の声
  もう一度出直してみる鎌鼬
  煤逃げの隣合せや鷗鳴く
   
沼田勝江(釧路市/ホトトギス・湿原)
  一幅の雛の軸や茶懐石
  花疲れまなうら未だ花の色
  信濃路は山また山や花杏
  法被舞ひ北の都に夏連れ来
  出来秋てふ言葉虚しき農暦
    
根本絢子(札幌市/朝)
  琴平宮椿は雨をはじきをり
  名山も名もなき山も笑ふかな
  浮きたちし心鎮めむ花ぐもり
  子燕に越後の棚田広きかな
  天地のいとなみ一つ草の露
   
根本栄子(小清水町/道)
  赤トンボ双児乘り合ふ乳母車
  搖れてゐて心やすらぐ秋桜
  タンポポやしんがりの子に保母の笛
  寝たきりの夫に見せたし大夕焼
  台風過畑の澱みに大根浮く
   
野崎声山(札幌市/葦牙・天為)
  創立の記念樹芽吹きそめにけり
  スプリングウエア大きな格子縞
  夕東風や水音しげきさかな町
  うららかや廻るともなき野の風車
  大川に橋のいくつや風光る
   
野崎知秋(札幌市)
  廃校に踏み入る一歩山笑う
  新緑の森で読み出す「火花」かな
  七変化刹の旅の雨の音
  立秋や旅の支度の時刻表
  妣の味兄妹集う盆の卓