四 季 の 小 路
   
成澤たけし(函館市/壺)
  雁渡し山の辺深き冷たさに
  語り部の少なくなりし雁渡る
  鮎落ちて雲間にひかる日の影か
  いかづちや十一月の坂の上
  枯芙蓉白の雅さ忘れけり
 
成田惠美子(札幌市/雪嶺)
  とうきびを味わい語る出湯の宿
  力作の新米とメール届きけり
  竜胆や月命日は壺に活け
  初雪や戯むれるすずめ朝の庭
  鮮やかや初雪のせるイチョウの葉
   
成田和惠(様似町/うのとり)
  藤垂るる一期一会の句座に在り
  ルピナスの彩もとりどり空へかな
  天の川届く宛なき文を書き
  生も死も神の御掌なり盆の月
  風禍後の正座を崩す秋の峯
   
成田青秋(函館市/天為)
  荒海を越ゆ帆網にサングラス
  いささかの田畑きづかふ野分かな
  鮭の腹ひとなでされて裂かれたる
  種袋振りて命脈呼びおこす
  子をかかけ触れんばかりに花の枝
   
成田智世子(積丹町/さるるん)
  逝く春の幾世を経たる船箪笥
  瞳まだ人疑はぬ子猫抱く
  秋刀魚燒く水のやうなる夕の空
  地酒夜の霜月鰈あぶるかな
  鱈干場解き海原へ風かへす
 
成瀬明(釧路市/葦牙)
  手のひらを逃げ出す鳩や巴里祭
  邯鄲や枯るる日あるを知る如く
  紅葉散る句誌えぞにうの最終号
  あをあをと輪廻の息吹草萌ゆる
  平和とはガラス細工か終戦忌
   
仁井峯花(帯広市/柏林・ホトトギス)
  広き烟まだ家陰に残る雪
  烟仕事お風呂上りのような汗
  台風の去りし天窓まぶしかり
  背を丸め小さくなりて冬野行く
  冬の月遥か遠くに農一戸
   
新倉百恵(小樽市/アカシヤ・天為)
  冬蝶やいにしへびとの服の襞
  雪匂ふ灯影にゆれる子等の声
  沓型の鵄尾堂々と春日影
  騙し絵の鳥囀れる移民村
  点字なき譜面を探る夕蛍
 
西千里(札幌市/天為)
  頬被り知らぬ男の安来節
  この蟻も吾もみちくさ四阿に
  鎮魂のダランド・ゼロの水澄めり
  甲斐の古酒吊げて越後の怒涛かな
  虚子の軸かけて小振りの柿一枝
   
西出綾(札幌市・道)
  早咲きのカタクリに似し知里幸恵
  ノロッコ号汽笛高だか大花野
  弓成りに麓の線路山笑う
  ひもすがら垂らす釣竿蕗の臺
  和紙のよう静かな路地の雪を踏む
   
西川良子(旭川市/雪華)
  今年また同じ貌して地虫出づ
  花月夜誰のものでもなき虚空
  またの世の夫との縁吾亦紅
  わざはひの口締めなほす空凍れ
  六腑へのきざはしたどる寒の水
    
西澤カズ子(奈井江町/ホトトギス・夏至)
  ありし日よ花のみちのく平泉
  春ゆふべ風の子たちよカトマンズ
  レース着て洞爺岩内天売島
  あつここも日本列島かき氷
  冷麦を体へ川の音が好き
   
西澤寿林子(函館市/道・艀)
  物置きとなりし書斎も輪飾りす
  座を移す十二単と知りてより
  まだきより電話が鳴って啄木忌
  急かさるることなき齢時計草
  敬老の日の酒もなき患者膳
   
西田美木子(江別市/白魚火)
  くれなゐに漬け上がりたる茗荷の子
  口八丁手八丁なる生身魂
  どこまでも直線道路ななかまど
  南国の旅人の踏む散紅葉
  わけありと言うて売らるる冬林檎
   
西田美智子(札幌市/樅)
  剪定の空ひろびろと鳶の笛
  天海の夫に届けと山桜
  乾杯の百合の木の花飛行雲
  旅行客夛き残暑の路線バス
  一年の努力瞬時に秋出水