四 季 の 小 路
   
中谷真風(豊浦町/アカシヤ・蒼花)
  荒東風や必死になびく安全旗
  墨糸のぴしりと打てり燕来る
  終戦日遠きあの日の胸騒ぎ
  老の背に雷雲かさにかかりくる
  遠雷や浄土に墜ちてゆく熟睡
 
仲谷比呂古(古平町/悠)
  畦道に春満載の彩あふれ
  健康茶朝のひとくち春の風邪
  古希の会苦楽忘れて暖かし
  鼓草笑顔忘れた姉は園
  雷の予報はるかに轟きぬ
   
中山ヒロ子(札幌市/草木舎)
  鉄瓶の湯気の向こうや海氷る
  蔵茶房窓より流氷帰りゆく
  春は海から並んで光る馬の尻
  夏鳥の幾百の声墓の道
  堤防を鴎と歩く秋の風
   
永井清晴(芽室町/花鳥)
  青き踏む化石の好きな少年と
  風光る食人族の魔羅サック
  北端のトドワラ林秋寂びぬ
  寒雀手まりの如く翔びにけり
  陰謀を楽しんでゐる冬鴉
   
永井誡(弟子屈町/氷原帶)
  花だより和紙一面にピンク色
  湿原に太古の息吹おぼろの夜
  ほころびの仲をつくろう木の芽風
  テリトリー共に羆と老釣師
  恍惚と渓釣りあるく敬老日
 
長尾久美子(小樽市/悠・青女わかくさ)
  思ひ出のみなはるかなる春灯下
  男の子ばかりの家の雛かな
  雛飾り家族ふえたる思ひかな
  五月野や風行き渡る蝦夷大地
  武具飾る長男次男遠く住み
   
長廻郁子(札幌市/ホトトギス)
  大吹雪蝦夷地は北の果ならず
  樹氷林川辺の景を一つにす
  慣れる程現実きびし大吹雪
  雪掻いて又雪掻いて日の暮るる
  連日の雪に追はれし雪を掻く
   
永野照子(札幌市)
  流氷期仏に水を神に火を
  音楽途切れ薄氷に午後の日差し
  夜桜の冷えの移りし象牙箸
  点眼のあと新緑のほか見えず
  調弦のはじまつてゐる芒かな
 
長畑静香(富良野市/アカシヤ)
  ハイタッチ親子の絆風光る
  大地より息をもらいて春動く
  又ひとつ空家ふやして雪解急
  子供より親が着かざる七五三
  夏の山青い谺の返り来る
   
南雲里代(上士幌町/道)
  耕すや吾古里の匂いとも
  透き通る声も出せずにかたつむり
  錆付いた和文タイプや夏寒し
  終活の行きつ戻りつ蟻の列
  人を恋う心の隙間夏始め
   
名取光恵(苫小牧市/いには・アカシヤ)
  掬うてはこぼす泉の青さがな
  記念樹の緑陰にゐて二人かな
  天の声地の声秋の海光る
  曼珠沙華捨て田に畦ののこりけり
  もののみな凍ててまぶしき朝かな
    
七尾義見(札幌市/澪)
  最北の風待つ駅に花の塵
  下田路や薊を供花に吉の墓
  風蓮の湖に千羽や月の雁
  闇に浮く女人髙野に萩の白
  風に立つクラーク像や冬陽燦
   
並河裕子(札幌市/鴻・ミモザ)
  ざくざくと髪切る少女猫の恋
  客去りて音無き部屋の日永かな
  親不知抜いて頭上に鰯雲
  手術日を告げられてをり冬木の芽
  闇の中煮凝といふ刻のあり
   
並本登代子(札幌市)
  三月の陽差しのとどく消火栓
  木の芽風昨日とちがふ鳥の声
  うたた寝の底へ消えゆく蝉しぐれ
  揺れにゆれコスモスの空深くせし
  雪がふる遠ざかるもの消ゆるもの
   
滑川賢一(札幌市)
  北を指す磁針の揺れや雪の国
  ガラス器の影の眩しさ夏来る
  生き死には一つなりけり天道虫
  激流をのぼる鮭あり力あり
  野菊摘むかすかに残る手のぬくみ