四 季 の 小 路
   
中川洋子(札幌市/ホトトギス)
  短夜やあしたのことはかんがへず
  流氷の折り重なりし蒼さかな
  夜を待たず客を言ひ分け生ビール
  池に向くベンチの背中赤とんぼ
  恙無く暮れ行く一と日秋簾
 
中川原甚平(札幌市/河)
  ビッグバンの果ての端なる寝正月
  小鳥来る愛する日々も憎む日も
  人は去り去れぬ桜が咲きにけり
  クマモンが竹刀袋に風薫る
  初雪や来ましたネーのご挨拶
   
中齊郁子(登別市/若葉・青女わかくさ)
  海霧ながれ山の稜線舐めつくし
  束の問の日にかがやける樹氷林
  鯉のぼり風のなき日も囗開けて
  ごめ騒ぐ流氷沖に見えし朝
  ルノアールの画集繙く春灯
   
中澤髙志(小樽市)
  螻蛄なくや苜落満みちたる日々もたな
  そのうちと言ふ約束はなし鵙の贄
  連翹に翳りの花はながりけり
  羽搏きの羽はたき誘ふ藻刈舟
  海胆つきの竿を収めて番屋の灯
   
中島東彦(札幌市/道)
  老鴬の声を磨くや山と谷
  葉桜やだんだん遠くなる縁
  万緑へ送電線の塔遥か
  蜘蛛の囲や昨日の径にまた一つ
  コスモスの揺れているのは我が妬心
 
中嶋強(札幌市/氷原帯)
  旗ふり根付ラム脱・圧びと馬エル牽く
  馬影ユダのの祖の青こけのの壇蜜ぐつ
  ぞりっピタゴラ素数口ボ日勝馬のムリ
  言うまいの農用馬ヤスクニしんぶつ・ローソクへっ
  もじり気びくっ知乾し馬よ目メルケル
   
中島土方(新得町/樺の芽・氷原帯)
  十勝野に宇宙基地あり鯉のぼり
  魍魎の集積回路木下闇
  杭一本打つて花野の測量士
  ユダはわが心の内に神無月
  翼持つやんちや老人初スキー
   
中田琢志(札幌市/雪嶺)
  年賀状浮かぶ面影若きまま
  十勝野や深雪の中の旧校舎
  百年の計なる街や下萌えり
  書庫の中思ひ出黴と眠りをり
  秋出水鄙の平和を破りけり
 
中西徳太郎(札幌市/壺)
  液体のやうな夕空金魚玉
  秋うらら手持無沙汰の休刊日
  庭寂びて蜘蛛もいづくか消えにけり
  枯萩の風や山並日々退り
  もう何もせず力ぬく寒芒
   
中野淑子(札幌市/道)
  春一番田を十町の男伊達
  試歩の路一丁先の辛夷まで
  玫瑰や波を宥める常夜灯
  大正の手触り母の秋袷
  追伸は一言「雪」と兄の文
   
中村英史(札幌市/方円)
  引越しの児の持つ缶は蝌蚪らしく
  有珠山の蛇乾きつつ歩みをり
  川別れ片方盆の村に入る
  車灯一つ稲田平野を縦走す
  鱈吊す叫び過ぎたる囗並べ
    
中村公春(鷹栖町/白魚火)
  二度三度分かれ道あり冬の月
  爪を切るひとりの部屋の春寒し
  春風やビルの谷間の酒場まで
  小さき嘘のちの後悔秋時雨
  嫌な奴と別れてひとりおでん酒
   
中村ひろむ(札幌市/壺)
  春愁を掬ひあげたる白磁皿
  母の日の子宮の外のほの明かり
  頂きの上に頂き朴の花
  兄妹のおもひの行方星流る
  句読点打ち問違へて無月かな
   
中森千尋(札幌市/道)
  戒名に俳の一字や寒波来る
  一軒へ一筋の道深雪晴
  村ごとに祀る馬頭碑ふきのたう
  声かけて蜘蛛の子払ふ廐囗
  父母の忘れ上手や栗おこは
   
中屋吟月(音更町/柏林・寿月庵)
  籐寝椅子軋ませ定きる身のかたち
  蟻の列むかし虜囚の列ありき
  鶺鴒のきたるも翔つも光かな
  露葎想ひを遠き空に置く
  埋もるほど句屑を溜めて獺祭忌