四 季 の 小 路
 
石川純子(旭川市/白魚火)
 ジャンプしてジャンプしてとるさくらんぼ
 万緑や陶の里より笹小屋の屋根
 カムイ呼ぶアイヌの家や黒揚羽
 笑ふなら腹の底から生ビール
 山の地図地べたに広げ山開
 
石川青狼(釧路市/海程)
 密かなる戦中なのか初日浴ぶ
 ララツララ朝日子かくも饒舌家
 「父さん」と呼び掛ける母木の根開く
 アマゾンより古本届く花の昼
 おおかたは桜となりて戻りけり
 
石川隆夫(札幌市/杜鵑花)
 万緑やダム豊平峡の湖青し
 時鐘ひびくさっぽろのまち針槐
 江差秋いにしへびとの唄望郷
 小春日や秒読みの囲碁盤面読む
 冬木立一幅の墨絵とし
 
石川民子(岩見沢市/道)
 田の水が大海と化す青嵐
 バラ咲かせ王妃王女の名にひたる
 雲一片入江に落ちて泳ぎけり
 鉄塔の真上に崩る雲の峰
 電柱の泥の干涸び台風過
 
石川延子(中標津町/えぞにう・りんどう)
 重荷なき身なれや秋の草の花
 馬鈴薯の古芽ガバリや厨窓
 桔梗にもどる静けさ雨あがり
 冬の雨しとゞ餌を乞う夕鴉
 濡れそぼる落葉枯草庭しと
 
石川北辺子(東神楽町/壺)
 地の涯に陽は茫洋と黄砂降る
 郭公の声縄文の彼方より
 開村碑筒鳥は声しぼりけり
 八月や黙秘を通す貝の囗
 原爆忌手押ポンプが金気吐く
 
石川美智子(石狩市/氷原帯)
 寒の水静かにのめば静かに落つ
 冬涛の男盛りを見てしまう
 草も本も人もきらいで金魚玉
 花かんぞうあの日も海を見ておりし
 かすかなる紅引いている芒かな
 
石倉京子(札幌市/ホトトギス・夏至)
 夕蝉や枝打ち終へし杉林
 息災の水蜜桃をもうひとつ
 送り火や大きな鳥が山の方
 真に受けて白梟を待つてゐる
 人送り朝送りまた白梟
 
石本雪鬼(札幌市/雪嶺)
 寒締めのほうれんそうの力皺
 フクシマ忌制御の嘘に続く闇
 箱根路に四百年の杉落葉
 蛇穴を出て今からはひとりだち
 不戦への誓い糺され原爆忌
 
石山雅之(札幌市)
 未知の世を確かむ一歩年新た
 戦争を起さぬ国の福寿草
 生涯の七分は昭和蝉時雨
 天帝の和平の使節星奔る
 高齢の群の独りや燗の酒
 
和泉すみ子(北広島市/道)
 前任の仕舞ひ忘れの花の種
 浮草や小型の季寄荷にありて
 石塊は誰ぞの墓ときりぎりす
 街灯の影が翳生む三島の忌
 曠野なほ生き抜くものや深雪晴
 
磯江波響(網走市/壺)
 海明けの沖に帆の立つ北前船
 流氷の果の渦巻くピカソの眼
 雪渓の茶巾絞りに羅臼岳
 獄の門あけ放たれし文化の日
 国後島を釣り上ぐるかに鮭の竿
 
板橋ようこ(札幌市/道)
 そうらんの跳ねてざわめく若葉光
 朗読の歯切れ涼しや岸恵子
 渓谷を断ち切るばかり滝吼える
 船施餓鬼押しやるその手母の手か
 芳醇な山葡萄酒に熱女笑む
 
市川翠子(函館市/艀)
 大空に出初めの終り桂の木
 前髪と指先凍る星座かな
 沿線の桜を以て月変わる
 うっすらと残る前の字カーネーション
 初蝉に左右の袋持ち替える
 
市場スズヱ(滝川市/アカシヤ)
 老懶を動かしくれる春雪が
 啓蟄やわれ陋屋に住み馴れし
 小ささ手と又ネと約し春の午後
 春雨の音に癒され探眠り
 若草やパークゴルフのよき打音