四 季 の 小 路
   
田中實(札幌市/樅)
 紅梅や青一筆の銘文
 少年の今旅立ちに木の芽風
 角砂糖静かに沈め春惜しむ
 声高に競りの早口初鰹
 アカシアの薫り振舞ふ馬車闊歩
 
田辺信子(札幌市)
 大注連村もわたしも晴れている
 行列の芯は玉虫初詣
 神様が通る繭王ゆれている
 河口に近くあかい椿を育ており
 葉牡丹やはるか二十歳と云う時間
   
谷川かつゑ(枝幸町/氷原帯)
 白鳥や喉の辺りの波羅蜜多
 春の雪底なし沼の匂いする
 梅雨寒のベンチはいつも空腹
 たましいの毀れ始める残暑かな
 炎天を掴めば濡れている真昼
   
谷島展子(旭川市/ゆく春・すずかけ)
 美しき所作の静かな弓始
 夕波が忘れて行きし桜貝
 夏蝶の舞い来て庭の動き出す
 納屋一つ残る山道遠郭公
 里山は大きな鳥籠小鳥鵈く
   
田原和之(札幌市)
 一姫と二太郎年子雪まみれ
 活気づく朝の搾乳柳絮飛ぶ
 八寸膳節分いわし躍りをり
 体幹の支えたしかに麦の秋
 蓮摘むねまるまわりの光の輪
 
田村智惠子(札幌市/樅)
 空海と仰ぐ古刹の夏木立
 裏声をあげて突進羽抜鶏
 青岬借景にしてイルカ飛ぶ
 鎮魂に返す波音盆の月
 躓いて堰を出てゆく秋の川
   
田森つとむ(札幌市/さるるん)
 駐在に嫁来る話雪解村
 若葉風村の這ひ這ひコンクール
 駅前の公衆電話昭和の日
 ラジオより正午の時報終戦日
 ふるさとへ寄付しメロンの届きけり
   
田湯岬(札幌市/道)
 フクシマの建屋の景や蜃気楼
 山はまだモ/トーンなり木の根開く
 セシウムのことなど知らぬ蝌蚪の群れ
 チャシの跡ピシリピシリと笹起きる
 風に乗り花びら達の歓喜かな
 
丹下美井(旭川市/水原帯)
 忍冬や風の子加いる小学校
 太陽を生け捕る冬の縄を綯う
 神の木になりし一位を村囲む
 お泊りの神に灯ともす今朝の春
 腰低きガラス来ている大旦
   
大郷石秋(札幌市/秋麗・踏青)
 老鶯の声を余生の力とす
 海見えず浦島草の淋しがる
 鈴蘭の鈴音地の声民の声
 しやぼん玉吹いてひとつは風来坊
 樹の瘤に残照染みる雪砂丘
   
塚野とよ乃(室蘭市/艸冠)
 園児等の憩ふ円陣花の下
 大空を渡り来る風夏兆す
 芍薬の花弁豊かに畳みけり
 旅苞は一囗なすび辛子漬け
 一片の雲より零れ小鳥来る
    
都賀由美子(鹿部町/艀)
 スカートがふんわり回る終戦日
 爪立ちの記念写真や豊の秋
 十月の空を置き去り望遠鏡
 秋うらら函館港をこする綱
 次に来る波の光沢干大根
   
辻恵美子(鷹栖町/舷燈)
 鬼灯の虫有終の美を透かす
 生き様を素直に見せて紅葉散る
 秋深し更地は広く仄白し
 煩悩のうごめく三猿除夜の鐘
 対となり頼り頼られ年酒酌む
   
辻知子(今金町/アカシヤ)
 問診に記寸難聴花は葉に
 空港に購ふシャツの縞クールビズ
 青北風や学成らざりし年積める
 源氏一巻抱き楚々と発つ露浄土
 賞状に永年の文字文化の日
   
辻囗秋草子(喜茂別町/アカシヤ)
 とつときの声だし軽鳧の子呼んでみる
 伝言のやうにほろほろちちろ虫
 寝落ちんとせし梟のうすまぶた
 狐火の枯れて夜明は淋しがり
 朝寝して今日も気ままに暮らさむか