四 季 の 小 路
   
竹田千恵子(音更町/ホトトギス・柏林)
 年の夜の盛り上ぐ茶の間コンサート
 寒風に神籤のラインダンスめく
 荒波にかかはりもなく浮寝鳥
 初雲雀遠嶺まぶしき日なりけり
 白雁の群見る順の遠眼鏡
 
竹田篤子(豊浦町/アカシヤ)
 動かねば老いてしまひぬ半夏生
 芒の穂かすかな風を見逃さず
 冬近し帽子深目の登校児
 立冬の日差し柔らか群雀
 日常の行動鈍る寒さがな
   
田島静子(札幌市/蒼花)
 輓馬にも満たす味噌汁寒の入り
 神苑は街のオアシス木の芽晴
 限り有る命の讃歌蝉しぐれ
 恙無く傘寿近づく沙羅は実に
 目覚めたる縄文土偶霜のこゑ
   
只聿心丈(札幌市/itak)
 つばさかむ悲しき愛をしらぬまま
 夏雲や少女悪魔になりゐたる
 切れ端の荻野学説風光る
 葱を切る処女のままにて死ぬごとく
 口紅の残り一寸水温か
   
立浪一一(石狩市)
 この坂の先は灯台冬銀河
 睡蓮池残して離農また一戸
 父の日や下着一式子からくる
 大漁旗打振り浜の運動会
 診る人も診られる人もマスクして
 
辰巳佐知子(札幌市/葦牙)
 浜昼顔波の光と睦み合ひ
 草茂る息つぎ足してつぎ足して
 出来秋の何やかや置く道の駅
 蜜柑むく話のつづき言はぬまま
 軒氷柱すとんと抜ける日の力
   
辰巳奈優美(札幌市/若葉・青女わかくさ)
 月蝕のやはらやはらに木の芽時
 はつなつの滝はつなつの音に落つ
 ひとすぢの日矢にはじまる蝉時雨
 小鳥来しこと枕頭にうたがはず
 身ほとりに紙のにほひや山眠る
   
館石哲を(函館市/ホトトギス)
 列島の春をつなげり新幹線
 更衣街中軽くなりにけり
 あめんぼう水の凹みの破れさう
 睡蓮やモネの目線となつてをり
 補聴器に台風の音すさまじき
 
田中滋子(札幌市/壺)
 休刊の二文字を透かす秋の水
 ふる里の一つに別れ春霧笛
 大地震の終息いまだ蘖ゆる
 野の風を厨に吹かす蕗わらび
 スニーカーに合はす春装風を切る
   
田中穂閖(北見市/河内野・草の王)
 集乳の朝の轍や斑雪道
 山葡萄醸寸匂や杣の甕
 日に曝す串の柳葉魚の薄地肌
 老いてなほ余生の愉し菊に棲む
 街騒に耳立ててゐる冬木かな
   
田中静水(登別市/青女わかくさ・若葉)
 納得のゆかぬ話に懐手
 ユーカラが伝ふる神の山眠る
 秋灯を傾げ彫師の鑿はしる
 堂小春五百羅漢に考を見て
 紅葉縫ひ白蛇のごとく滝奔る
    
田中蝶々子(帯広市/ホトトギス・夏至)
 立春の近づく空をあふぐ日々
 春の山見渡してゐてふるさとを
 上の娘の雛に会ひに来ると言ふ
 初蝶ややけに急いで飛んでゆき
 幾本の春の川見てふるさとへ
   
田中徹男(幌延町/樹氷)
 先頭を切りて宗谷の蛸御輿
 本物も偽物も泡ビール注ぐ
 秋の雷どんと割れたる広辞苑
 赤い欄干見え引き返す雪女郎
 摺り足で越えし八十路の冬の翳
   
田中とも子(当別町/若葉・青女わかくさ)
 秋冷の募る吾が影失せてより
 豆莢に戻る湿りや雪もよひ
 凩や舞台道具のごとベンチ
 木枯と別れて入りぬ地下通路
 こからしや就業支援のビラ街に
   
田中美津子(北見市/道)
 草原の牛の群がり天高し
 一株の芒がまねく道の駅
 知床の岬へ続く実はまなす
 開拓碑文字のうすれや草の花
 峠路の両手で掬う岩清水