四 季 の 小 路
   
高橋ヨウ子(室蘭市/itak・青山俳句工場)
 白秋は漣となり此岸染め
 雨の夢覚めても雨の桜桃忌
 子規の忌やゆっくり冷めるトムヤンクン
 実柘榴や幸運不運意のままに
 鞦韆やつむじの二つある少女
 
高橋千草(札幌市/壺・藍生)
 水餅や常着の袖の縁擦れて
 寒薄暮束の間母のまどろめば
 いづこより降りし白鷺氷解く
 初辛夷雨のきよらに父の墓
 青霧の底ひ姫鱒釣る小舟
   
高橋登美子(帯広市/道・澪つくし)
 蝉時雨窓をあければコンサート
 雲海に吸い込まれゆく峠道
 柩には好みの着物夏終る
 手のひらに小石の湿り秋澄めり
 秋晴れや身の上話し長くなり
   
髙橋博治(北広島市/樅)
 遊び場の三連鉄棒風光る
 一枚の便りも書かぬ案山子かな
 つぶやきの雲ひとつ欲し秋の天
 彫像の穴より覗く紅葉山
 晩生の余力残して雪を掻く
   
髙橋まさし(鹿追町/ホトトギス)
 だるまに目ひとつ入れ置く大試験
 大試験弁当梅と玉子焼
 かならずや佳信は来ると春を待つ
 この星の裏を旅して卒業す
 卒業の祝ひあつらふ車かな
 
髙間ヨシヱ(幕別町/柏林・ホトトギス)
 城跡の花に心を残しつつ
 星光る高さの滝の音に立つ
 声ひそめ線香花火の仲間入り
 時雨傘たたみて入る蕎麦処
 単調な田舎暮しや冬龍
   
髙松暮秋(帯広市/道)
 かもめ鳴く根室半島霧深し
 花咲岬風むらさきにハマフウロ
 根室湾廃屋の並ぶ盆の波
 汐騷にまみれる納沙布秋の声
 ハマフウロ根室漁婦の薄化粧
   
髙見慧子(札幌市/ホトトギス・柏林)
 接骨木の花を車窓に留萌線
 とりどりの網端転りて浦薄暑
 小高きに増毛灯台花りんご
 雲の峰椀梲を上げて待合所
 浦里の昼を冷酒と天麩羅と
 
滝玲子(安平町/道)
 囀りの一樹真っ直雑木山
 遠雷や父の諌めは正座にて
 刈り残寸紅いたどりの明るさを
 新涼を握り直してねむる嬰
 藤は実にこの幸せの掌
   
瀧菊枝(安平町/道)
 搾乳へ足跡二つ初明り
 母偲び合う真ん中に鰊漬
 せせらぎのスイングハミング蕗の薹
 空知野を風のタクトの青田波
 満月へ村の律儀な信号機
   
滝田梓(札幌市/きずな)
 緑蔭の風に魔女から宅急便
 月光に疲れて足を洗ふかな
 半夏生毛布が好きな甥が居て
 一湾の秋月上がる牧師館
 パトカーの音にひかれる月見草
    
滝谷泰星(札幌市/郭公・雲の木)
 羽音過ぐ朝里古潭の小春凪
 肩の雪払うて渡る太鼓橋
 雪解野の外れ越冬野菜掘る
 旧道のヘアピンカーブ辛夷咲く
 木洩れ日をざくざく踏んで祭稚児
   
竹内翠秋(恵庭市/踏青・青女わかくさ)
 ゆるひだる傘寿一徹春の雲
 花の彩強くふくませ画布の春
 投票日十八歳の青嵐
 秋空に剪定鋏走りをり
 心地よき眠りも編みし小春かな
   
竹内直治(苫小牧市/アカシヤ)
 緑蔭を離れ人声風の声
 大空に白雲ひとつ原爆忌
 苦吟すや三日月雲を切り裂きぬ
 捨ててより始まる明日冬紅葉
 裸木や斯くの如くに生きたしと
   
武内三波(札幌市/姫林檎)
 梅が香に振り向く空や月の暈
 凍雪に月輝けり可惜夜を
 紫陽花や沖へ押し出す潮迅し
 帰省の子揃ひて団欒昭和の日
 黒出目金一匹残りなつかれぬ