四 季 の 小 路
   
平倫子(札幌市/藍生)
 一年の計ぼくはぼくになりたい
 根雪に目あり太陽をまぶしめり
 寒椿母性のやうに鬼のやうに
 じゃがいもの花やどこまで雲の色
 秋の雲大正秀句の女人群
 
髙尾美津子(深川市/道)
 喉笛の響くいけめん初鴉
 地を走る風の姿や雪狂ふ
 寒きびし我が年金の軽からむ
 春雷を言ひ訳にして嘘をいふ
 「氷点」のしづかに緑雨読みこぼす
   
高垣美恵子(石狩市/雪華)
 心音を伝ふ息づき冴え返る
 薄紅の手櫛に見つむ初鏡
 入るる灯の影柔らかに春障子
 飴色に醸す歳月夕端居
 玫瑰や身に石狩の潮騒
   
髙垣卯八(札幌市/蒼花)
 山河来てともに傘寿や初詣
 廐にも納屋にも父の撒きし豆
 木の芽山つんつん尖る反抗期
 駿馬には駿馬の血筋風光る
 牛にタグ人にもタグや敗戦忌
   
髙木則子(函館市/アカシヤ)
 春うれひ青の時代のピカソの絵
 拳骨はお菓子の名前昭和の日
 父母の会話弾むやなすび漬
 箸置は河原の小石秋のこゑ
 着膨れて趣味は俳句で御座います
 
髙木通子(小樽市/葦牙・ホトトギス)
 今鳴くはどの空蝉の魂なるや
 これでもう逢へぬ人かもリラの冷え
 青嵐の吹き上げ下ろし山ゆがむ
 夏帽子野外音楽会に座す
 故郷の山脈低くし天の川
   
高崎常子(札幌市/艸冠)
 米寿とふ新たな命大旦
 春雷の熟睡の嶺々を驚かす
 朽ち果てし風倒木の緑さす
 木の実落つ一幹栗鼠の息づかひ
 牧羊犬ひつじ追ひ込む大夏野
   
高杉杜詩花(釧路市/道・自鳴鐘)
 啓蟄や土の臭いの一輌車
 手渡しで受ける娶兒すみれ咲く
 九条の世を二分して憲法日
 姫百合の塔に焔の立つ沖縄忌
 陶器市テントを抜ける処暑の風
 
高瀬仁孝(歌志内市/アカシヤ)
 天炎えて雲もピンネも勣かざる
 火の鳥のごとく生きなむ曼珠沙華
 神の留守電柱影となり遊ぶ
 崖つぷちに立つ夢三寒四温かな
 方角の在るやうで無し恵方巻
   
高田信子(北見市/ホトトギス・玉藻)
 一斉に放馬駆け出す風光る
 照り映える風の岬の尾花かな
 爽やかやかつての駿馬牧駆ける
 朝の雲忽ち流れ秋晴るる
 蝦夷鹿に警笛効かず汽車止まる
   
高橋欣也(札幌市/えぞにう札幌)
 春の月いつもの茶房レモンティ
 闇せまる立ち食ひ蕎麦と春雷と
 暮れそむる雲は多彩な秋の色
 風吹けば曲りて伸びし氷柱かな
 無意味なる約束ごとや隙間風
    
高橋悛嗣(登別市)
 海へ又帰ってゆくや土用波
 葉桜となり全山に紛れけり
 木刀を振る日課あり冬はじめ
 大切に汝が名使へよ雛祭
 老桜伐られずにあり植林地
   
高橋北秋(浜頓別町)
 来る孫の安着祈る恵方道
 列島の北端茹だる猛暑かな
 冷奴四角四面の木綿ごし
 満ち欠けは三十日の輪廻後の月
 枝振りを整えながら冬囲ふ
   
高橋美奈子(札幌市/道)
 出番待つ祭太鼓は奥の間に
 薄暑光ふつふつ吠える地獄谷
 救急の眼鏡の女医や濃紫陽花
 分校の真上に登る夏の月
 引越はまたも道北花さびた
   
高橋唯子(旭川市/道)
 眉を引くだけの手鏡春愁ひ
 小照の母に母郷の今年米
 名刹の紅葉かつ散る鐘一打
 顔洗ふ水じやぶじやぶと広島忌
 音もなく来る虚しさや遠雪崩