四 季 の 小 路
   
鈴木周子(えりも町/道)
 夏負けてをれぬ余生のほろ苦し
 句心の湧かぬ日のあり夕端居
 石蹴って人恋ふる日の夏帽子
 定命は弥陀にゆだねて朝寝ぐせ
 団らんの輪の中にゐて除夜の鐘
 
鈴木玉(札幌市/ミモザ)
 朝日差す平穏祈りお屠蘇かな
 春來るや思い出多き姉逝きぬ
 病癒え藥残りて風光る
 白日傘日影日影を友と行く
 橋の上一筋の風秋近し
   
鈴木築峰(新ひだか町)
 人物描けば骨になる沖縄忌
 玫瑰や此処に塹壕あった筈
 万緑や日高の鉄路錆びただけ
 お前よりながく生きてて柿を喰ふ
 日高路の一角を占め昆布乾く
   
鈴本禎子(北広島市)
 佐保姫の下りては踵返しけり
 風の日は風に抗ふ芝桜
 美しくなる屈伸や毛虫這ふ
 われ点となるとき鳰の潜りけり
 逃水の続く限りを歩きけり
   
鈴木光彦(札幌市/氷原帯)
 現し世の七色あつめし紅葉山
 初雪の声は屋根から酒うまし
 天と地をつなぐ寒月美人なり
 思考枯れ落葉けとばす男かな
 福寿草どこから來たのか庭隅に
 
鈴木八駛郎(帯広市/寒雷・海程)
 強霜や飢えくりかえす火山灰の村
 祭酒腹の蟲にも飲ます父
 休耕地草の実に触れ飯かたし
 揚雲雀畦に砥石と昼の飯
 種蒔いてぬくみもつ指乳房欲す
   
鈴木好恵(札幌市/道)
 鶯の声の重なる奥の院
 湖をつつも朧や絹の雨
 曖昧も答えのひとつ心天
 最後迄昭和の家で隙間風
 忘れたきことに捕らわる夜長かな
   
須藤大硯(芦別市/アカシヤ)
 ついばむも翔つも艶なりあそび鶴
 老いてなほ農の幸せ桜咲く
 不揃ひの百歳体操薯に花
 大音響我がもの顔に大花火
 ブランドで着飾る案山子活き活きす
 
砂子間佳子(小樽市/ホトトギス・ひろそ火)
 新涼の帰郷健康取り戻し
 若き日の通ひ路蓮の花は実に
 四年振り姉妹再会爽やかに
 遺影みな在りし日のまゝ露けしや
 みちのくや雲居据りて秋暑し
   
清野鳳仙(札幌市)
 ゆとりある生前退位神無月
 恩讐の彼方に流す精霊船
 産卵の鮭の命の尽き果てぬ
 新米や神に供える夢ピリカ
 妻の顔慈悲観音の良夜かな
   
関根礼子(札幌市/蒼花)
 両腕はつばさ春日の一輪車
 さへづりを容れて大きくなる校舎
 山河みなアイヌの呼び名鳥渡る
 炭はぜる音の彼方の昭和かな
 心音は胎児のことば毛糸編む
    
瀬戸優理子(南幌町/WA)
 夫追ってどきんどきんと春の水
 水無月の石のベンチに沈黙す
 かろうじて人間でいる風鈴売
 腸を拔いた秋刀魚や十年愛
 目鼻立ちなくしてきれい水蜜桃
   
十河宣洋(旭川市/葦牙・海程)
 穴を出る蛇鮮烈な権太面
 正対すれば鹿の目勁し芽木さかん
 下萌わあん骨のなかまで生木
 麦秋の夕日に足かけ硬骨漢
 牧開き男の目鼻歩きけり
   
袖山功(登別市/若葉)
 囀りや山並いよよ色を濃く
 囀りの降る虚子の句碑湯の里に
 囀りの樹下さへづりの虚子の句碑
 いつもの木いつもの鳥が囀れり
 囀りに鋭き声のありにけり
   
園部早智子(札幌市/葦牙・ろんど)
 西行の筆の遊びや春の雪
 朴の花雨のぽっりと露天風呂
 青虎杖アイヌ蜂起の鎌の形
 夏帽子いたはるやうに置かれけり
 秋韻や環状列石海はるか