四 季 の 小 路
   
杉野一博(函館市/艀)
 雁に止つてみえる夜汽車かな
 友達の家友達の家根雪
 たましひを吊しに春の朝の月
 緑蔭や鷗に来いと言はれても
 風に秋知る大勢のなかにゐる
 
杉野秋耕死(旭川市/道・樅)
 耕しの石を抛らば父のこゑ
 門火焚く魚雷にされし少年に
 銀河ゆき来るかも知れぬ海霧の駅
 種馬のどこもてかてか青嵐
 もてなしの水打つ国に生まれけり
   
杉本一玖(由仁町/氷原帯・畦道)
 昼寝覚め夢の続きを所望せり
 昭和の日泪なしには語れまじ
 老妻の眼鏡出てきて山笑ふ
 去年今年またぐ敷居につまづきぬ
 厨窓妻の気をひく冬の蝶
   
杉本多恵子(札幌市)
 元日の空こそ高し神の領域
 囀りや上の子ばかり叱られて
 隊商の宿りし窟の霾れり
 夏炉置く太宰生家の通し土間
 返したき言葉飲みこむ古団扇
   
杉本隆文(北竜町/道)
 君に逢うことが嬉しき小春かな
 如月や水の一滴命かな
 下駄の緒の結び目かたき朱夏来たる
 天高し耶馬台国は謎のまま
 初恋はいつと問われて春うらら
 
杉山羽州(帯広市/氷原帯)
 千寿てふ年酒くみて米寿かな
 あぢさゐの藍に近づき宵の闇
 己が身の置き処なき残暑かな
 秋澄むや暮しの中の電子音
 わが裡にある侘しさや帰り花
   
杉山鶴子(上川町)
 春待たで逝きしよ柩に四季の花
 ひとひらもこぼさず満てり花の径
 三里に灸くれて歩めり遅日光
 夏潮に船影もなしオホーツク
 シャンツェの少女は風に鳥になり
 
杉吉みちこ(旭川市/雪華)
 子と仰ぐひと世の縮図初明り
 師の筆の臥龍鳳雛春奏づ
 夏みこし汗の顔ひかりけり
 古書に触れひとりの世界夜半の秋
 可惜夜といふ言葉知る冬銀河
   
すずき春雪(札幌市/道)
 しづけさは祈りにも似て寒の村
 嫁姑墓をひとつに薄暑光
 大通り一直線に秋の色
 雨あとの闇美しき十夜かな
 病棟のひとりひとりへ除夜の鐘
   
鈴木アツ子(北広島市/壺・梟)
 地の拳今朝二つ三つ蕗の薹
 花林檎鶏胸に抱いてみる
 遠くまで蒼空のあり草いきれ
 深海魚今産卵か冬の雷
 雪降る夜一つ遠出のマトリョーシカ
    
鈴木勇(小樽市/鶴)
 秋雨や子よりの医書をかたはらに
 秋日和妻は太極拳へかな
 あくがれて来しにはあらず雪の国
 清しくも春の叙勲にそのおん名
 祠あり脱ぎ捨ててある蛇の衣
   
鈴木一舜(札幌市/道)
 風立つや湖面はみだす花の山
 新緑へ稚児の両手が眠り落っ
 向日葵の首が疲れる園児の絵
 蝦夷の空知り尽くしてや燕去ぬ
 石狩の空か受け取る雪卸し
   
鈴木きみえ(札幌市/草樹・蒼花)
 削り氷のどの色も好き海の駅
 波音の枕を通る祭あり
 雪山を崩してもなほ消えぬ嘘
 師の句碑の文字立ち上がる別れ雪
 句碑守に一筆啓上囀れり
   
鈴木京子(室蘭市/草冠)
 晩学に近道は無し春遅遅と
 別れとは又会ふことや山笑ふ
 難聴の遅れて笑ふ日向ぼこ
 間違ひに気付きし安堵木の葉髪
 人と人繋がむ為の雪を掻く
   
鈴木牛後(下川町/雪華・藍生)
 雪の夜を腹をゆたかに妊み牛
 春光をたちまち得たり雪落ちて
 我ひとり雪解の牧に融けず佇つ
 蜘蛛の巣のキリル文字めく斜陽かな
 飲みしあと仔牛しづかや合歓の花