四 季 の 小 路
   
志村好(札幌市) 
 息災の言葉互ひに初笑
 仏壇の花生き生きと寒の水
 賜りし戒名九文字彼岸寒
 生花展そろり抜け出し街薄暑
 老いの歩をしばしタンポポ帰り花
 
霜田千代麿(岩見沢市/夏至・古志)
 百年も地図より消えた国の秋
 老刀自は地を睨みつけ初雪来
 足かゆしお尻もかゆき初冬かな
 越の雪見ずに浄土へ駆けゆけり
 ビビビビと増毛の海の鎌鼬
   
白井節子(札幌市)
 道祖神新樹は夜へ息をはく
 箸置は津軽塗りです福は内
 大雪豫魂は人混の中に
 鵙の声袖のボタンへ来ておりぬ
 保健婦さんとて結びです冬紅葉
   
白井雅女(函館市/艀)
 函館の地形くびれて出初式
 雪だるま小脇にかかえ日暮へと
 春の潮停まらぬ駅の名を告げて
 夕ざくら途切れし言葉搜しけり
 足の向くままコスモスになっている
   
白岩晶子(札幌市/道)
 春めくと言う一人居のひとり言
 白杖や五月の風に胸預け
 俎板のパン屑払う原爆忌
 点滴の音なき音や盆の月
 紅葉の真只中の骨納め
 
白戸尚女(稚内市)
 艶やかに老鴬鳴けり海の街
 老鴬の声に誘われ山路ゆく
 息子の背見て雨竜夏山思ひけり
 捨てられぬものに己の登山靴
 弟の逝きし古里柿若葉
   
新庄康一(砂川市)
 自炊の子皮も食べよと冬林檎
 賀状書く母米寿伏せ誇る父
 かたはらに退職届寒の内
 生活費届けたき道雪しまき
 転職の慣れぬ作業着寒の明け
 
信藤詔子(札幌市/氷原帯)
 存分に海へ鎖骨へ雪が降る
 恙なく心臓うごく寒卵
 芹をつみ芹のにおいの誕生日
 サンローランの赤いスカーフ春の潮
 かたかごを乗せて静かな水になる
   
進藤紫(札幌市/道)
 七草の緑が映ゆる割烹着
 一条の春日が届く無辜の碑に
 父の風母の風とも古団扇
 頼もしき幹とはなりぬ若楓
 叶わねど雪の福島見舞いたし
   
陶令子(札幌市/蒼花)
 早春の空は群青整へり
 子へ繋ぐ遺愛の碁盤菊日和
 天網を溢れて雪の石狩野
 柚子風呂に心の箍のほぐれけり
 初夢やペダル漕ぐ君はるかより
   
菅井美奈子(札幌市)
 新しいタオルたて縞風光る
 青葉騒母子手帳はたんすの中に
 大叔母のイーゼルの傷小鳥来る
 兜煮を九谷の鉢に夜半の秋
 冬萌えやテニスバッグを斜め掛
   
菅原湖舟(札幌市/葦牙)
 関数の次ぎ次ぎ解けて大雪解
 フリージアに髪近づけて恋歌読む
 春夕焼湖は夕日の反射鏡
 金盞花雨後は金色なほ燃ゆる
 クロッカス大地を割って彩を吐く
   
菅原孝子(黒松内町/アカシヤ・さるるん)
 暮早しポケツト鳴る鍵の鈴
 敬老日母の手を取る母似の手
 靴底に春の鼓動を踏みにけり
 母の日や母の似顔絵みな笑顔
 野を駆ける兄おとうとの夏帽子
   
菅原ツヤ子(札幌市/ホトトギス)
 初日の出静かに月日動き出す
 雨意こめて動く雲ありライラック
 保母となる初出勤やチューリップ
 若葉して山に優しさ戻りけり
 信号を待つ間師走の月とあり
   
菅原洋子(伊達市/若葉・青女わかくさ)
 おづおづと馬曵く少女さくら咲く
 馬の子の睫の揃ひ風やさし
 一村をつっむ波音朧かな
 うぐひすやヨセフの像の近くより
 空白の日記に栞る桜しべ