四 季 の 小 路
   
佐藤宣子(岩見沢市/ホトトギス・夏至)
 去年今年鐘撞堂も文化財
 除夜の鐘海の虚空へ百八つ
 星を恋ふ顔のかまくら一泊目
 かまくらの夜はそれぞれが宇宙人
 室の花天の端っこ見ゆるかな
 
佐藤憲子(札幌市)
 肩へ触る肩に躱してすすき径
 鈍色の海真っ平ら冬の暮
 独り居の部屋の広さや冴返る
 打水の水玉土に転び合ふ
 新涼や母の遺愛の虫めがね
   
佐藤久子(小樽市/さるるん)
 濯ぎ物干す早朝の蝉時雨
 道具場のママ友二人菊日和
 落葉降る三角屋根のリタハウス
 エ事場の人影動く雪催
 寒牡蠣のぷりぷりの旬夫とかな
   
佐藤日和太(函館市/艀・船団)
 元日の河馬の瞳の色は空
 春鳥やビデオテープの切れた朝
 夏服の渡る廊下の雨の跡
 缶切りの跡ギザギザの敗戦日
 隼の覗く大地の穴へ風
   
佐藤冬彦(札幌市/アカシヤ)
 戦争でも平和でもなく春立てり
 更衣生者必滅会者定離
 盆供養「ふるさと」の歌口遊む
 落葉落葉落葉踏む踏む音たてて
 身も心も頭も入院冬しぐれ
 
佐藤通彦(豊頃町/道)
 目の汗を拭けば手の甲ぎらりと日
 鮭と来て野菜と帰る幼友
 普請煬のお茶は車座焚火して
 輝けるジュエリーアイス始祖の街
 駒とどめ切ればまた降る雪野かな
   
佐藤光子(札幌市/壺・らん)
 子の声のまあるくなって秋入日
 朝顔のこだはり捨てる昼下がり
 ひからかさやがてほてりをたたむかな
 水澄むや亡母の齢の中にゐる
 縄文の其処に咲く花種を採る
 
佐藤萌(札幌市/天為)
 繕ひの針のすすまぬ目借時
 漣のひかり打ち寄す花辛夷
 鈴の音の螺階を上る夜の新樹
 夜も更けてピエロ慰む水中花
 着膨れて三人寄れば黄泉のこと
   
佐藤椋子(登別市/青女わかくさ・若葉)
 春灯のほっこり点る無人駅
 囲ひ解き庭木の呼吸確かむる
 病廊を走るナースや明け易し
 日曜の病棟寂と余花の雨
 舌替へて音色澄みたる秋風鈴
   
佐野基雲(東京都/道・嵯峨野)
 大利根や差し来る潮の淑気満つ
 古書店を出て居酒屋へ寒九郎
 一輛の列車北へと冬銀河
 暮れかぬる緩き流れの神田川
 浅間には遊ぶ雲あり麦の秋
   
佐野農人(旭川市/寒雷)
 七草粥すするや戦後はるかなり
 背筋這ふ鍾乳洞のひとしづく
 己が息封じ込めたる風船つく
 基地蹴っておんぶばったの逃れけり
 征きしまま帰らぬ馬や敗戦日
   
佐野文子(音更町/ホトトギス・花鳥)
 台風禍手あたり次第荒しゆく
 ずたずたな交通網の台風禍
 復興に月日のかかる虫の闇
 じらす雲気長に待とう月今宵
 いななきの馬棚に凭れて月を待つ
   
澤里英雄(江別市/雲)
 内職の母の幻針供養
 寄せ書きの背伸びの抱負卒業す
 夢ばかり見てし一生走馬灯
 茹で蝦蛄の新聞包み父の苞
 抑留のしばれに耐へし人老ゆる
   
澤田藍(札幌市/道)
 家系図に一人加へて年新た
 一口を命の糧と今年酒
 余花の道私と母の車椅子
 白百合のぽんと弾ける奥座敷
 尺蠖の覗き見をして児童館
   
澤田吐詩男(旭川市/樹氷)
 あわあわとあわあわと雪虫 分光器
 蛇口より話の続き 飛花落花
 夏蝶の方程式 するするとは解けない
 何度も試行錯誤 雨蛙はどこまで跳ぶ
 一緒に行ってみないか赤蜻蛉の行く方へ