四 季 の 小 路
 
阿部幸子(札幌市/蒼花)
 懐手修羅も涅槃も飲み込んで
 はらからは皆恙なく墓洗ふ
 母を恋ふ氷まじりのニシン漬
 広辞苑閉ぢて背伸びや夜の秋
 好きな路気ままに歩く菊日和
 
阿部れい子(北竜町/道)
 意気地無しそんな声する背の霰
 闇の中如来の在す冬座敷
 狛犬の阿のロ覗く冬紅葉
 裸木の本音聞かむと星宿る
 冬鏡納得ゆかぬ試着かな
 
天田牽牛子
 羊蹄山に彩雲ひそと初景色
 雁風呂や沖を翳らす雲のいろ
 マネキンの面輪物憂き署かな
 面接に臨むLづけさ白木槿
 満天の星澄み渡るしばれかな
 
荒川弘子(札幌市/雪嶺)
 賀状来る年限りと書き添へて
 百合の香に噎せじんじんと人泣けり
 折り紙の鶴は飛べずに原爆忌
 花蓼のゆるる小径を急ぎけり
 露霜や水茎うすき文届く
 
嵐迪子(札幌市/ミモザ・鴻)
 開拓を怙ぶ馬魂碑草萌ゆる
 噴水のクライマックス去りがたし
 更衣港の街を訪ねだり
 手水鉢花どくだみに囲まれり
 空っ風地下の出口を通せんぼ
 
新出朝子(札幌市/かでる)
 蝦夷鹿に冬青空がいつも飢ゑ
 マチュピチュが見ゆマフラーを外すとき
 昆布〆のタイヤヒラメや寒明ける
 落下する途中で学ぶ鬼の豆
 土砂降りの後の蘖ピアノ音
 
荒船青嶺(札幌市ノホトトギス・玉藻)
 来てみれば近き羅臼やいわし雲
 いわし雲羅臼岳より羅臼山
 鯨観る展望台や北方四島そこに
 四島を視界に野紺菊の晴
 熊撃ちの視覚聴覚研ぎ澄ます
 
安斉峰子(旭川市ノ氷原帯)
 片乳の翼となりぬ赤い羽根
 今はもう死語同然の女郎花
 君の名はと聴かれてみたい女郎花
 惑星の夜露に濡れてしまいけり
 地図上の古郷さがす秋の暮
 
飯川久子(札幌市/鴻・花桐)
 黄水仙いつか更地となる予感
 クリオネの喝采春を呼びにけり
 涼新たこの頃指輪抜けやすし
 空堀の枯葉からから美濃尾張
 角巻や翼のやうに子を抱きぬ
 
井内果洞(札幌市)
 太陽の芯まで詰まるりんごかな
 セーターの解かれ来歴一つ消ゆ
 人去りし里が故郷燕来る
 パスカルもヘッセも遠く魂迎へ
 ゆきゆきて紅葉へ暮れし渓の宿
 
井内千鶴子(仁木町/葦牙)
 佐保姫の眠りを覚ます水の音
 蓮花をゆらして浄土池の鯉
 天と地の神の交信サンピラー
 蛍火の記憶は母郷畦の道
 巨狼碑やシリバに賛と秋の虹
 
五十嵐秀彦(札幌・itak・雪華)
 冬隣キトクといふ字書けぬまま
 五体貧しく雪の暗渠となりぬ
 明日生きることの悦楽冬麗ら
 起源問ふ母の眼の色冬北斗
 息を吐くごとく枯野に書物閉づ
 
池田北陽(岩見沢市/雲の木)
 カーテンを引けば来ている窓若葉
 新緑に映えて白樺孤高なり
 蜆汁出されて嫁にありがたう
 ハイタッチしてリハビリや冬日指す
 居酒屋に忘れ候冬帽子
 
石井こう子(小樽市/鶴)
 木の根開く凹み一斉アートめく
 堅雪に熊目撃のニュース早
 竪琴のロビーライブや夜の新樹
 駅裹のレンタサイクル夏始
 リラの香の札幌の夜や旧端午
 
石川惠子(帯広市/道・澪つくし)
 絞り出す絵の具のごとく雲の峰
 西瓜抱くみえぬ心を抱く様に
 涼風や生きる力の押し花展
 木の芽風母の古着のよみがえる
 硯洗う墨黒々と父の文字