四 季 の 小 路
   
櫻庭津江子(小樽市)
 丸き背や後一息の萩の坂
 独り居や我が物音に怯む秋
 名月や許せぬ人の居て悲し
 綿虫や生れて戀し人の胸
 老宥め料理の古酒を舐めて幸
 
佐々玲子(札幌市/艀)
 如月のスタンド椅子の側は波
 風花に二度変更の予定かな
 ロスタイムあと二分です秋の虹
 乗り過ごすひと駅良夜待っている
 秋夕焼振り向かぬ背を見送りぬ
   
佐々木愛子(由仁町/畦道)
 初日影見馴れし山河こと清し
 昭和の日御代は戦時の難多し
 今日も無事仰ぐ夏空月仄か
 木の葉髪余生は和み法話聞く
 北は雪花嫁笑みて祖母訪ね
   
佐々木幸(札幌市/朝)
 ペンの音冴えて一稿すすみゆく
 稿終ふるオレンジ色の雪明り
 小さき知恵寄せてちひさく雪まつる
 雪像を包む星座のするどかり
 達筆のさくらの便りことしまた
   
佐々木蓉子(えりも町)
 まどろみし夢の断片春の風邪
 境内に一陣の風藤盛り
 航跡の白き一すじ夏初め
 出会ひより多き別れや揚花火
 空しさも瞬時よぎりぬ敬老日
 
佐々木凌子(えりも町)
 極寒の帰路の先見え我家の灯
 喪の席の悲しさまぎらす秋扇
 仔馬跳ね日高の牧の輝けり
 新緑の中に飛び込む児らの声
 潮の香の残りし今朝の髪洗う
   
笹原和子(天塩町/若葉・青女わかくさ)
 大鷲の争ふ翼立て直し
 寒落暉呑み黝然と日本海
 蓬葉氷分けて帰船の漁貧し
 絵懐紙の天地に迷ふ筆始
 掌を揉みてもどる現世昼寝覚
 
笹森俊行(札幌市/澪)
 命毛の夢追ひ走る吉書かな
 道の辺の花の傘さす六地蔵
 檧の芽に背伸び爪立つ岨の道
 トロッコの軋む峡谷花うつぎ
 川音も人の声なり原爆忌
   
笹谷雅子(石狩市)
 寺町や友とそろひの黒日傘
 はまなすや海風わたる句碑の丘
 病む友の痛みきこゆる秋の文
 秋の空野焼きの土器のペちやくちやと
 子と語る銀河鉄道盆の月
   
佐藤英介(札幌市/樅)
 大花野海へとつづく霧多布
 冬至粥昭和ひもじき時代生きし
 ふきのたうフルートの音のやはらかき
 空蝉に残るいのちの重さかな
 しなやかに生きぬく勁さ秋桜
   
佐藤琴美(札幌市/白魚火)
 朝刊の受くる手のひらあたたかし
 群青の空高く置く春の月
 日の当る溝に微睡む蝌蚪の紐
 寄生木の毯群るる春風吹いてをり
 病む夫に開く桜の大樹かな
   
佐藤尚輔(石狩市)
 雁風呂や星影うすき北の空
 蕨丈伸びていよいよ村静か
 心奥に祈りの余韻八月尽
 蛇笏忌や山顔ひとつ暮れ残る
 知らぬ子にぢいぢと呼ばる冬うらら
   
佐藤寿美子(札幌市/蒼花)
 おだやかな肩になりたる山雪解
 光りあふ雑木林に木の根あく
 ふきのとう酢味噌にまぶす妻の幸
 春の泥飛んでそろいのランドセル
 久しくて回転ずしの初鰊
   
佐藤澄子(中標津町/りんどう)
 猛暑して神輿の練りにかしこめる
 幾十年平和を祈り慰霊の日
 人の世に実りの秋や未来地図
 雪虫の告げる日となり人笑う
 客を招ぶ寒明け行事恵方巻
   
佐藤富子(札幌市/青女わかくさ・若葉)
 絹糸の巻きを弾きて縫始む
 研究棟多きキャンパス西日渡し
 けふの介護終へて私の髪洗ふ
 汽笛鳴る釧路の街の夜霧濃し
 柵越えて駿馬の駈くる牧小春