四 季 の 小 路
   
齋藤季美(札幌市)
 夏風邪や誰れもが治りきらぬまま
 浪遊び砂で足ふく跣の子
 ちゃんちゃんこ叱られながらついて来る
 夜の吹雪明日の愉しみある早寝
 ひと足の一歩いよいよ春隣
 
齋藤靜弘(札幌市/道)
 極寒の峻嶮を射る日の出かな
 鳥帰る光りあつめて風にのる
 藤棚の木洩れ日浄土母の影
 夜祭りの雑踏を汲む観覧車
 空っぽの狭庭にあそぶ小春かな
   
齊藤征右(北広島市/澪)
 住職の肩に陽だまり彼岸かな
 春耕や土の息吹きを解き放つ
 虎が雨旅立つ妹の紅淡し
 炎昼や父母の墓守竹の風
 虚子庵を出でて小諸の夏深し
   
齋藤雅美(札幌市/秋・秋さくら)
 春泥や父祖渡り来し日の遥か
 海峡や烏賊火を還す雲の底
 青空のきらめきすべからく蜻蛉
 寒月光わがものとして鳥けもの
 駅に待つ妻の長靴頬かむり
   
齋藤康子(札幌市/青葦)
 風晩夏湧いては崩るはなれ雲
 夏の月磨く玻璃戸に潤みけり
 緑蔭の風の通ひ路雨上り
 あぢさゐの過ぎたる雨に濡れそぼつ
 凌霄の花影緋色こぼれ咲き
 
齋藤嫩子(札幌市)
 初蝉や一気に山は山の相
 石狩の青嶺に舫う飛行船
 鵜篝の生きたきようには生けぬ身と
 日を分けてさらさら水来る茅の輪かな
 涼あらた海嶺にある地蔵噂
   
酒井百合子(北広島市/壺)
 芽柳やなないろ吊す染織屋
 烏賊刺しや岬の夏の朝の膳
 振出しにもどる推敲晩夏光
 とうすみの翅合はせたる広島忌
 採血の看護婦詫びぬ桃の花
 
榊原佐千子(札幌市)
 鮭釣りの声裏返る日本海
 煤払手に開拓の火縄銃
 一輔車雪の荒野をひた走る
 春の月遠流の地とも思はれず
 ひそと咲く我が晩年の花辛夷
   
坂下香代子(札幌市/ホトトギス)
 燃ゆるごと日に輝きし蔦紅葉
 蔦紅葉小さな円き実をつけて
 木洩日の枝と黄葉の影ちがふ
 雑木林一角を占め散る黄葉
 照る黄葉散る紅葉ある庭の景
   
坂本朱実(幌加内町/道)
 大寒や蛇口の水は鋭角に
 炎天や重機あやつる土木女子
 そば店ヘー里の指標蕎麦の花
 河童忌や湖水に昏き取水堰
 座蒲団と碁盤定位置夕端居
   
坂本夕力女(旭川市/白魚火)
 紫木蓮風の怪しくなってきし
 散るといふより崩れたる牡丹かな
 おしゃべりの少し過ぎたりアマリリス
 膝入るるのみの小机水仙花
 中天に月現れ吹雪止みにけり
   
坂本継之助(山仁町/畦道)
 往年の業の深さや初詣
 待ちわびて独りよがりに寒の人
 長き旅忘れちまった雪の道
 良し悪しは云わずともよし明け易き
 通せんぼ秋立つ空に蜘蛛の糸
   
坂本樂生(北斗市戸道・上磯俳壇)
 七度目の申年迎う初湯の香
 新幹線大野平野の青田中
 北寄舟凪の海面で簎を突く
 晩酌は一合一寸とろろ飯
 妻と入る墓建立す八十路秋
   
嵯峨寿美子(岩見沢市/ホトトギス)
 溢れ出る智力結集大雪像
 銀色に引きし白鳥見送りぬ
 一瞬の雨音激し青田原
 山間の林檎吾呼ぶ色を載せ
 鳥渡る小麦播き終へ安堵かな
   
櫻井キミヱ(札幌市/道)
 春泥の抜け道猫のしなやかに
 知らぬ子の挨拶嬉し木の芽晴
 炎昼や乳房揺らして帰る牛
 晩年の暮るる早さやちちろ鳴く
 長命といふ試練あり冬薔薇