四 季 の 小 路
   
小路裕子(札幌市/ロマネコンテ・itak)
 オカリナの良夜の風と逝きたまふ
 煮凝に昨夜の言の葉崩れけり
 鈴の音や冬満月をよぎる影
 離るると決めし庭中クロッカス
 まだ硬き芍薬も摘み家を去る
 
今鴎昇(恵庭市)
 門波越え虚しきものよ流燈会
 三界の行終焉の虫時雨
 誰死ぬとなく木の葉の降り止まず
 落雁や一老漢の旅半ば
 易易と怒涛くだける鵙の贄
   
近藤ゆたか(札幌市/雪嶺)
 それぞれに交わす言葉や春うらら
 花ふぶき池に浮かばせ酒の宴
 春うららピアノソナタも夢心地
 願いごと託す風船空の旅
 一拍の間合いも一斉蝉時雨
   
近藤良子(由仁町/壺)
 起き笹や行きたき道へまつしぐら
 北側の木の芽ほつほつ主張せり
 はらからの柱の傷や昭和の日
 草萌えやくっきり残る土台石
 うつくしき忘れ物なり蛇の衣
   
後藤純子(札幌市/方円)
 老鴬の声降る中に父の墓
 小春日の歩道いっぱいチョークの絵
 遠郭公過ぎし介護を語りあひ
 制服の採寸の列春を呼ぶ
 紅葉散るかそけき音を積む城址
 
五昧精子(札幌市)
 すみやかに枯葉を掃いてみたものの
 あと一個あと一個手に巨峰かな
 雨降って我がまま気象雪降って
 風ばかり吹いてつつじのしなだれる
 下校児の地肌みつけて飛び越える
   
斎藤信義(旭川市/松の花)
 氷像の聖女の衣の逶きとほる
 リラ冷えのその片隅の純喫茶
 ふつと来て葉裏で休む夏の蝶
 雪虫の漂ひやすきときところ
 雪の上の樹影血管めく囗かな
 
斎藤昌子(札幌市/晏)
 プリムラの窓となりたる澄川町
 山の灯の三つ水菜煮えすぎて
 室花とうなずき合って震度四
 未草ぶあつい水の夜となる
 生き物の眠りにとどく雪の音
   
斎藤良子(旭川市/松の花)
 ストローで吸ひ取れさうな秋の雲
 折ればまだ生木の匂ひ枯野径
 きな粉と蜜混じりたがらず春愁
 一瞬に梅雨の秘仏と目が合へり
 復活祭がくるよ乳児の長まつげ
   
斉藤さちこ(札幌市/玉藻)
 からつぽの餌台湖の凍りたる
 一切の音を失ひ湖凍る
 これよりの凍湖を語る風の吹く
 いつまでも淋し鳴きして夜のスワン
 いつしかに身内の話花の雨
   
斉藤朝由(旭川市/ホトトギス)
 流氷に海を奪はれ海猫眠る
 老漁夫のここが群来場と錬待つ
 流氷に所在なきまま群るる海猫
 神さびる古木の蔭り苔の花
 泥濘の阻む湿原花あやめ
   
斉藤秀世(札幌市/道)
 老いを捨て病む膝引きつ春帽子
 夫の忌の早や十七回忌花の雨
 朧月愛という字の儚さよ
 八十路坂登ればひそと落椿
 懐に夫眠らせて盆の月
   
斉藤羊子(札幌市)
 幾年を煉瓦にからむ蔦紅葉
 嵐にも芭蕉閑かなり立石寺
 鶺鴒がとんぼ銜えて鬼面かな
 大暑かなゲームの牌がころがりぬ
 帆立貝口抉じ開けて冬の水
   
斉藤和加(札幌市/花鳥・ホトトギス)
 着ふくれて涙は見せぬ母の背
 良きことも悪しきも忘れ初御空
 母の居て昔語りのあたたかき
 カーネーション笑ふ練習笑ひ皺
 母九十四なつてみなくちや百合の花
   
齋藤厚子(札幌市/秋・秋さくら)
 春日差ペンー本で語ること
 サングラスロ角上げて街歩く
 目つむれば広ごる宇宙秋の風
 カナリアの再びうたふ枯野中
 風邪ひきしニーチエめきたる背中かな