四 季 の 小 路
   
桑原清恵(小樽市/さるるん)
 橋二つくぐり遊船もどり来ぬ
 泡一つ吐きし亀の眼はるかなり
 浮玉の野積みのままに草いきれ
 睡蓮の水面埋めてしまひけり
 あえかなる風を身ぬちに捩り花
 
小泉千孝(石狩市/アカシヤ)
 枝の先尺蠖己れ計りかね
 賜りし笊一升の今年米
 水落口の水ちょろちょろと秋始め
 秋雨に打たれて路地の三輪車
 甚平の世話焼き櫓登り居て
   
腰崎玲子(札幌市/澪)
 母の帯身に添ふよはひ初鏡
 いかのぼり峡の青空ひとり占め
 かの人も後期高齢梅真白
 この国に戦のけはひ油照り
 戦争の記憶とどめむ鰯雲
   
腰原ヨシヱ(小樽市/ホトトギス)
 どう見ても上手と言へぬ吉書かな
 耐へ忍ぶ事も生くこと冬木立
 神宿る巌を濡らす春吹雪
 浦町に魚臭のこもる夕薄暑
 異国より戻りし喉に冷奴
   
小寺猛(積丹町)
 寒鱈のくわっと開く目の真黒
 外壁の蛇口にしばれ走りけり
 軽トラも人声も走けうに初漁
 俎のとんとんとんと大旦
 初凪の船に真紅の大漁旗
 
小西龍馬(札幌市/ホトトギス)
 恵方道難読地名花畔
 水鉄砲狙ふこの子に根性あり
 まぎれなく水盤神居古潭石
 境目は赤のまんまの疎菜畑
 とびとびに麦秋ありて石狩野
   
小橋厚子(深川市/道)
 鳶の笛豪雪の田の天心に
 検診のことはさておき花の山
 夏手前立てる茶筅の音は風
 ライダーは齢八十草刈女
 大刈田甥の決意を褒める風
 
小林徳子(登別市/青女わかくさ・若葉)
 厳冬や白樺の樹皮めくれをり
 枯木山透けて見えたる獣みち
 海鳴りに似し風音や枯木山
 住み古りし路地へ戸を開け豆を撒く
 弥生てふ和語やはらかくうつくしき
   
小林ひろ子(黒松内町/さるるん)
 にこやかに子らと言祝ぐお正月
 姉に炊くけさ初椀ぎの豆ごはん
 浜風や友もてなすに夏座敷
 片時雨山いただきを過ぎにけり
 雲間より帽子にはづむ小米雪
   
小林みさ(江別市/蒼花)
 合格の空に芽木あり膨らみぬ
 早ばやと命の讃歌蕗のたう
 ポインセチア何処かで戦火燃えてゐし
 相槌を呉るる夫ゐて菊日和
 今生を尽くせと夜の虫集く
   
小林道彦(札幌市/道)
 改心は今更めいて捩り花
 慷慨は伏せおくものと眠り草
 雪渓はカムイの涙旭岳
 こちとらは無用の用と八重葎
 天帝の使命を背にに天道虫
   
小林ろば(東川町)
 断面は春の夕焼けオムライス
 淡雪をみて淡雪になるよ
 春休みってスクランブル交差点
 母さんですか糸とんぼが離れない
 暖炉に火昭和まだまだ湿っぽい
   
小松きみ子(札幌市/花桐)
 母の日や銀座の宵に娘と酔いぬ
 五月場所座布団とびてはね太鼓
 富士詣一歩一歩に祈りあり
 子規の日や鯛味噌美味と母逝きぬ
 満月に兎捜して肩車
   
小松扇栄(札幌市)
 夫偲ぶアルバムめくる名残雪
 杜若誰が活けしか無人駅
 秋刀魚燒く隣もおなじ煙かな
 ハルビンへ思ひを馳する冬銀河
 這ひ這ひの子のにこにこと冬帽子
   
小林布佐子(旭川市/道)
 花あかり花芽あかりの中をゆく
 十代の私に戻る夜のプール
 新雪に沈むキリンの蹄かな
 こちら向く白梟の瞳のひかり
 狛犬の冬を背負ってをりにけり