四 季 の 小 路
   
工藤牧村(芽室町/ホトトギス・柏林)
 幼子を父に委ねし花疲れ
 老鶯の声の横切る峡の径
 渓の瀬の轟き止まぬ風涼し
 バス停に背を向けて待つ寒の入り
 歯の合わぬ真冬が来し寒九郎
 
国兼よし子(札瞑市)
 すり足の秋がきている猫目石
 桐の花昭和のひとと酒を酌む
 母が居て弟が居た海酸漿
 ていねいに米とぐ八月十五日
 敬老のひと日限走おもてなし
   
國中ひろむ(札陳市/方円・俳句人)
 括りては放り出しては麦刈婦
 汚染土や山旺んなる花辛夷
 禍禍しきもの黄泉がへり豆を打つ
 あを空に手稲山まつしろ開戦日
 藁ぼつち編む編む背ナに日を搭びて
   
久保信和(小清水町)
 沈黙の鳥-籠ひとつ女正月
 遊学の子よりのメール初雲雀
 握り飯割れて梅干昭和の日
 あるカ出してきたよと入試の子
 食べるより育てる楽しみ種えらぶ
   
久保田哲子(札幌市/百鳥)
 父の日の口中くらき泣さ羅漢
 舟虫の干の疾走しづかなる
 家系図の無くて白桃すすりけり
 本売りし日のしづけさよ薄氷
 白鳥の引きゆくこゑを眠りぎは
 
熊川陽子(小樽市/さるるん)
 母と娘のうしろ姿の祭髪
 カーテンを春惜しみつつ引くタベ
 古草の土手に残りし夕明り
 桜散り師の忌過ぎしと思ひをり
 食卓のいつもの席や胡瓜揉み
   
熊谷佳久子(札幌市/天為)
 オパールの青き光や流氷期
 千体の吊り人形や日脚伸ぶ
 西行忌傘立にある妣の杖
 ユトリロの自と辛夷と競ひ合ふ
 反抗の心ぽちぽち蕗の墓
 
熊澤三太郎(函館市/ホトトギス・玉藻)
 海峡のゴジラのやうな雲の峰
 吟行のしんがり草の笛上手
 ビアジョッキ一気に何もかも楽し
 シャツ干して仕舞ひ忘れし星月夜
 燈台のレンズを磨く人の秋
   
熊崎華月(様似町/郭公・うのとり)
 厳寒の大気胃のなか素通りす
 春光や地殻さやかにアポイ岳
 満目の山肌さくらきはやかに
 漁船戻る釣瓶落しのまなかひに
 大空のいろどり真夏深めたり
   
倉部仁子(札幌市/草木舎)
 曇天のままの一日花薔薇
 朝ぐもり米味噌醤油たりてゐる
 廃屋に雨あがりたる朴の花
 長椅子の真ん中沈む夜の秋
 波音を持ち帰りけり蔦紅葉
   
栗原郁子(札幌市/天為)
 白息のぶつかる出合ひ頭かな
 弁当の要らぬ日曜朝寝かな
 花衣攫はれさうな風孕む
 川に沿ふコリア・デル・リオ青田風
 ただならぬ犬の吠え様蛇すすむ
   
黒江鏡湖(札幌市)
 ワイパーのひくひく寒くテスト終ゆ
 筝曲やまだ出ぬ顔の福寿草
 竹針を遺せしままの毛糸玉
 緑より古草を愛ず風柔し
 利く切れし母の鋏や九月蓋
   
黒澤けい子(札幌市/えぞにう)
 母の手の力強さよ鏡割
 五月晴れナースコールも鳴りひそめ
 薫風や延長あとの本塁打
 昼告げる鐘に追われし稲雀
 アルバムに想い余るや涼新た
   
桑島敏(新ひだか町/道・ペてかり)
 ふるさとの訛もこねて鏡餅
 今言ったことも忘れし寒の内
 偕老の夫婦突き合う冷奴
 靴脱いで足湯につかる秋うらら
 人の業みなそれぞれにそぞろ寒
   
桑畠美都子(旭川市/ホトトギス)
 おもちや箱よりこぼれゐる春日射
 失なはぬ冒険心や野にあそぶ
 開店のオープンテラス風薫る
 吹つ切れる眼差しとなり夏に入る
 幼児の眼くぎづけさくらんぼ