四 季 の 小 路
 
片岡璋子(七飯町/雪)
 旅立ちの大志に蕗の薹たけし
 父母遠くなりアカシヤの街もまた
 この町を終の地とせる花林檎
 いのちあるうちにと日がな蟻の列
 それぞれの心に故人月仰ぐ
   
勝俣慧子(札幌市/郭公)
 故郷の同窓会や雪明り
 春の灯や文を綴りて人の待つ
 母の忌に不遣の雨や額の花
 指差して児におしへたり梅雨の虹
 廃鉄路歴史を繋ぎ花すすき
   
勝俣比とし(札幌市/郭公)
 釣好きが山女を描きし年賀状
 雪解の夜どの木も雨に浸りゐる
 雲あらき砂丘のテラス夏惜しむ
 秋涼し夕日が幹を照らすとも
 楢林散りきれぬ葉も霧氷せし
   
桂井悛子(札幌市/天為)
 夏空へ北の大地の風響樹
 樹齢百年若葉の風の生るる里
 浦路来て白一輪の延齢草
 リラ冷えの時を刻める花時計
 夏旺ん楡の大樹の農学部
 
加藤あや子(南幌町/今)
 駈け廻るすこやかな脛南風吹く
 キャンパスの茂りに灯る資料館
 名月やクレーンは首を憚からず
 うたた寝は一瞬のこと小鳥くる
 沼の面の勣くともなき寒の入り
   
加藤和子(小樽市/青女わかくさ・若葉)
 おぼろ夜の旅立ちに梳く九十九髪
 しののめや辻が花めく雲は秋
 石狩の曲瀬の秋草咲きそろふ
 蛇の衣あたらし泥流避難磴
 野分立つ入江の鳶睦れ舞ひ
   
加藤恵子(札幌市/澪
 噴水の透き間より風こぼれをり
 足音もへばりつきたる酷暑かな
 けん王の皿に乗せたし夏の月
 澄む秋や母音こぼるる乳母車
 宵闇や綺羅星のごと摩天楼
   
加藤廣子(小樽市/天為・アカシヤ)
 北天の星きりきりと冬深む
 三猿の上鈴を鳴らす春隣
 砂浜にブリキの金魚春夕焼
 さみどりの風にさざめく針槐
 石底にゆるる本洩れ日水の秋
   
加藤ひろみ(旭川巾/雪華)
 虫害の仔細も見ゆる初紅葉
 逝く秋の端山青空ちぎれ雲
 難なきと言へぬ来し方星月夜
 断腸花身の内に引く雪間の陽
 死に方も学ぶ生き方雪涅槃
   
加藤弘美(札幌市/ホトトギス)
 吾子目指す未来こそ我が恵方かな
 待春や匂ふほど研ぐ花鋏
 海の日の絵日記青のあふれけり
 星月夜光年の差の揺らぎ合ふ
 萩の露鈴ふるやうにこぼれけり
   
加藤房子(札幌市/はるにれ)
 向島までは卯波の十五分
 花菖蒲母の好みし形見帶
 山開溶岩の休足岩桔梗
 竹の春修善寺彫の茶杓買ふ
 冬帝や雲裂く日矢の神々し
   
加藤雅子(苫小牧市/いには・明日葉会)
 葉のうらのでで虫五粍雨余の畑
 南風や海辺の百円ショップまで
 煙茸蹴って少年走り出す
 戸のかたと訪ふはどなたや秋の声
 冬霞樽前いよよ遠ざかる
   
加藤みよ(札幌市)
 幹あらば人は倚りけり秋の雲
 人はみな帰る家あり雁の秋
 恋塚へ風の添ひゆく月見草
 ピアニシモ暗譜の顔の春愁ひ
 春昼や木端仏みな童女かな
   
門崎博雄(上富良野町/壺・阿蘇)
 をろがみて夕張メロン頂けり
 失望も希望もグレー青葉闇
 曖昧に過ぎゆく余生秋立ちぬ
 水澄むや遠くの人に文を書く
 新しき靴の軽さや紅葉狩
   
金井衆三(札幌市)
 羊蹄は恵方にありて歯朶飾る
 甘噛みの波くりかえす春の海
 新樹光ペルシャの子猫水をかむ
 現つとはかくもしなやか風の盆
 夕時雨ぬるりと烏賊の腸を抜く