四 季 の 小 路
 
小田島清勝(札幌市/葦牙)
 枯蟷螂ペースメーカー始動せり
 正論の孤立またよし座禅草
 誰れがこぼした街中クロッカス
 北辛夷生死は紙の表裏
 三猿とならず気ままに百日紅
   
越智さち子(札幌市)
 蕎麦猪口に浮かす花びら骨董市
 たんぽぽや閉じて月夜の国に入る
 白鷺の二羽ゐて水田明かりかな
 コスモスの風ふところに百合ケ原
 年新た融通無碍の八十路とも
   
小野恣流(余市町/道)
 真珠めく乳歯ほつほつ山笑う
 北窓を開けて番屋の暦剥ぐ
 野の風を知らぬ白さの捕虫網
 潮騒の子守唄めく十三夜
 滝凍てて無声映画の幕開く
   
小野田あさみ(札幌市/氷原帯)
 雪達磨かけがえのないよそのひと
 白い歯の交戦甲子園涼し
 二杯めのブラックコーヒー秋深む
 廃炉まで正座のままで寒木立
 寒明の鴉コケコッコーと言う
 
小野寺泰代(江別市/モミザ)
 えぞ松の木々の狭間に初日の出
 其処此処に玩具転がる松の内
 仏桑花ゆるりと巡る水牛車
 ひき潮の日高の海の昆布刈り
 父の忌や日傘さす母小さかり
   
小畠スズヱ(旭川市/樹氷)
 風立ちて夕日の花野は色みだす
 ゆるやかに風があやすか群とんぼ
 敬老に届く太字と子の笑顔
 妥協せぬ辛さを色に唐がらし
 目を病めば今宵も早寝虫の声
   
尾村勝彦(札幌市/葦牙・和賀江)
 夕鐘の湖に尾を引く残花かな
 城門の番士の槍に新樹光
 一兵卒としての晩節蟻の列
 尺蠖の測りつくせし摩天楼
 扉厚き隔離病棟秋日濃し
   
小山田伸道(札幌市/氷原帯)
 秋桜水平線を使い切る
 八月は耳を大きくして眠る
 茂みからしげみの匂う雫あり
 薔薇の香のとなりに座っただけの人
 にんげんとして葉桜の下にいる
   
小山田富美子(札幌市/アカシヤ)
 向日葵に笑はれてゐる迷路かな
 水位計の夕日をつかむ鬼やんま
 じやんけんの負けぬまじなひ赤のまま
 適量はわたしのレシピ秋旨し
 ぱつくんと缶詰を開け冬立ちぬ
   
開米初枝(千歳市/千歳)
 初蝶は明日の命を輝かす
 青嵐ゆるりと人の世を生きて
 一と筋の流れきらりと春動く
 地蔵の掌あふるるほどの冬陽のせ
 立冬や野地蔵の影細く立つ
   
角田順子(浜頓別町)
 雪女夫を隠して早四年
 背を丸め行き交う人の懐手
 春燈や一人となりし長寿箸
 朧夜や転ばぬ先の杖探す
 脳細胞滅びはじめる炎天下
   
笠井操(北見市/壷)
 庭荒るる飛び六方の連翹に
 アイヌの衣の鎖ステッチ若葉光
 人去れば太古の黙や菱の実湖
 オカリナの黒人霊歌冬銀河
 夜を徹し降りて苦役の雪となる
   
梶鴻風(恵庭市/句写美)
 北の地に咲く曼珠沙華いとほしき
 三年の眠り目覚めし曼珠沙華
 曼珠沙華夜明けの峠は雪ならむ
 咲かねばと咲く十月の曼珠沙華
 死者よりも生者恐ろし彼岸花
   
梶さち子(札幌市/澪)
 朧夜に着信音の沈みけり
 ルピナスや俯くことの許されず
 魂迎母の足音すぐそこに
 変はりなき里や蜻蛉とぶかぎり
 重陽や洗ひざらしの木綿着て
   
梶川蓉子(札幌市/方円)
 バニラてふ名の紫陽花や巨船発つ
 とんぼ玉茣蓙に商ふ夜店かな
 硝子絵の茶店の仕切り聖五月
 川堰の響きの隙や蝉の声
 倒木の撓りの疸や晩夏光