四 季 の 小 路
 
相澤かをり(富良野市)
 将棋さす一手狂わす蝉しぐれ
 離農きめし心ゆるがす青田波
 仮装して吾が子に泣かるヘソ祭
 置き忘れ言い忘れして寒明ける
 セータの肘の破れや就活生
 
相羽よしゆき(湧別町/葦牙・草の王)
 渾名もて呼び合ふ仲の日向ぼこ
 形振りも構はぬ齢や着膨れて
 手花火や消えゆくものの美しく
 釣り人の去りし河原の大西日
 陽に生まれ翳りに消えし雪蛍
 
相吉香湖(白老町/氷原帯)
 たんぽぽの咲いてフクシマフクシマよ
 マニキュアを十指に十色復活祭
 敗戦日みどりの丘の赤い屋根
 さわかや日針十本に糸通す
 小春の日計十本に糸通す
 
青山酔鳴(恵庭市/itak・雪華)
 喪の別けて女ばかりの雑費椀
 凍解けて猫背となりぬ夕張嶺
 三百万のメロン人口九千人
 南瓜を鉞で割るをんなかな
 寄せ鍋の底まで浚ひ切り無言
 
赤江橋明子(北見市/葦牙)
 悠久の光陰たたむ夫婦滝
 甚大な被害もたらし台風過
 よく笑う男子加わる盆の家
 人の世は所詮借物雁渡る
 競りに出す馬の嘶き天高し
 
赤木しづ乃(札幌市/葦牙・和賀江)
 着陸す銀翼雪の窓となる
 壁面に墨撥ね夏の書道展
 モノクロの昭和冬日の二コライ堂
 ピアーガーデン帰りたくない鳥がゐる
 夜ざくらに集ふ昭和派平成派
 
赤山典子(札幌市/すみれ)
 テレビ前健康体操イスにすわりて
 デイサービス年上の人かくしゃくと
 骨粗鬆症人院三つきで元気に退院
 八卜九才米壽をこえた元気に感謝
 ひい孫の百日笑顔にばばのえみ
 
秋祭礼子(旭川市/樹氷・葦牙)
 恍惚とはゆっくり回わる水中花
 葦の角曲げて舗道を押し上げる
 ふた尋半の網であやつる鵜匠たり
 闇を待つくすぐり合って鵜飼舟
 北狐人の心を見抜きたる
 
浅井通江(札幌市/艀)
 豊年の日と口閉じて顔洗う
 ポケットのない子供服豊の秋
 月光の鼓膜に届くまでの闇
 初冬薄明八本の傘の骨
 父さんのような冬木へ朝日射す
 
浅野数方(苫小牧市/白魚火)
 ふはふはの命の欠伸大旦
 雫より始まる雪解け二羽の鳶
 馬の息手のひらに受け牧開く
 水芭蕉まだ覚めやらぬ沼明り
 無事過ぐる野分の後の七つ星
 
浅野冨士子(旭川市/道)
 春の旅いっきに雲を突き抜きて
 早春のひかり弾ける渡頭
 日の出待つ大海原の春霞
 蒼海に水脈を引く船初桜
 そのかみの外濠確と春満月
 
浅水みつ(清水町/蒼花)
 ひな祭やがて白寿の身を保ち
 若牛の腹身となりて戻る冬
 秋台風井戸水をもて牛守る
 なりもののたわわに今年畑不作
 木の葉髪母にわひたきこと数多
 
蘆立角翠(札幌市/澤)
 どつしりと芽吹き待ちたる藻岩山
 蜘蛛の囲や雫を数珠に弔ふか
 我が家のこれが碑墓洗ふ
 木漏れ日が襖に架けし冬の虹
 除雪終へ青磁の皿に栗羊羹
 
阿部志津子(石狩市/道)
 母と子の料理教室桃の花
 藤揺らぐ玄関先の立話
 秋の蝶誰の墓石をさがすかに
 残照に金糸の座敷芒原
 虫すだく空地に基礎の杭打たれ
 
阿部美智子(岩見沢市/夏至・ホトトギス)
 ちぎりとる春菊気力のぼりこよ
 春菊の香やたましひのふかみまで
 春菊を盛るべく白磁選びたり
 人ありてアハハわははの春の雷
 日雷胃の腑に手当てくるるひと